教願寺の歴史

            年表               教願寺の歴史
明治3年 現如上人開拓の折、当地にたたれ、この地に一寺建立の発願により、創設。
明治7年 曽我信彦月並布教をする
明治8年 月並派出定例日が毎月12日と決まる
明治22年 等力利教篠路説教在勤となる
明治26年 寺号公称の申請をする。
明治28年 寺号公称許可 
烈々布6日講に御消息下附される
十軒10日講に御消息下附される
明治34年 篠路25番地から仝3番地に移転の公請をする仝年9月許可される
明治44年 鐘棲堂上棟  
大正7年 開山上人650回御宴会御遠忌厳修
大正12年 丘珠小学校古校舎で庫裡を改築
昭和11年 本堂改築される
昭和18年 梵鐘献納する
昭和25年 梵鐘新鋳
昭和32年 納骨堂新築
昭和38年 宗祖上人700回忌厳修する
昭和39年 小沢氏退職、遠島克芳五世住職となる
昭和39年 北広島、正覚寺3世住職を迎え、正覚寺、教願寺合併して、遠島克芳師5世住職となる
昭和40年 婦人会講習会開始
昭和42年 梵鐘改鋳
昭和43年 庫裡改築
昭和46年 書院改築
昭和50年 宗祖上人誕生800年立教開宗750年法要
昭和53年 納骨堂新築本堂修復工事開始
昭和54年 一連の工事竣工、落慶式六月十日
昭和55年 本堂屋根取り替え
芳然大谷大学を卒業し副住職になる
昭和57年 芳然、森久美子と結婚
昭和58年 芳然の長男、芳明生まれる。報恩講の日程が10月20〜22日に変わる
黒松移植・3世住職小沢氏27回忌
昭和61年 ボーイスカウト札幌第36団発団する
御影巡回法要
平成元年 次男、光顕生まれる。
平成10年 11月12日、5世住職、遠島克芳、往生
芳然が、6世住職となる
平成12年 蓮如聖人500回忌法要をする