大学入試を終えて                          2006年4月


息子1は、無事、大学入試を終え、この春、志望校、志望学部へ進学しました。
この春より、某都市にて一人暮らしをしています。

小2から小6までの4年間半、英国で触れた真の教育の成果は、
その後の息子1の根幹を成したと思います。

大学受験を終えてから、英国を訪問した時には、
ひと足先に大学生となっている英国の友人達の大学生活を垣間見、
大きな刺激を受けたようでした。

大学での部活は、学部内のサッカー部と室内楽部を兼部することにしたようです。

息子1の18年間の人生で出会った友人達、恩師、支えてくれた方々から受けた
多大な恩を糧としながら、これからも、
自分の正しいと思う道を進んでくれると思っています。


もし、ここをご覧いただいている方の中で、息子1の考え方やこれまでの努力等に興味があって、
息子1と同じ学校に進学されたお子様をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
学校から配布される資料をご覧ください。

例年、先輩が後輩に向けて熱く本音で書いている「受験体験記」が数多く掲載されています。
単なる受験テクニックのアドバイスではなく、心の葛藤なども表現された、秀作揃いです。



息子1のページは、ひとまずこれで終わりです。

ご覧いただき、ありがとうございました。