駿台箱根セミナー        04.8.16 記

今日は、良い天気。
帰宅ついでに、長男の合宿所の先生方へ差し入れ。

思いがけず、
「中、見て行きますか?」
と、声をかけてくださった。

広々とした芝生のグラウンド。
まるで、英国のようだった。

広い館内は、し〜ん、としている。
靴箱の靴は、綺麗に整理整頓されている。

都会の子のように、いつも、この予備校に通えるわけではない、地方の高校生達。。
ここには、100人以上の高校生が、本当に全国から集まっていた。

各班は、8人ごと。男女別。
このコースの卒業生であるリーダは、14〜5人いた。
もうすぐ授業が終わるらしく、
講義室の出口に、リーダが集まってきた。

どのリーダも、自信に満ち溢れている。
顔がきりり、と、引き締まっている。
名札には、出身校名、現在の大学名と学部名が、書かれていた。

リーダの約8割が、東大の学生だった。
残り2割は、医学部の学生。

この栄えあるリーダは、このコースの卒業生対象に公募して、書類選考、面接。
そして、研修を受けて、今日の日を迎えるのだそうだ。

地方で、おそらく、一人孤独に勉強してきた子供達は、
ここで、同じレベルの、目的を同じくした仲間、先輩に出会う。
そして、これからの受験勉強の悩みを相談したり、メールで励ましあいながら、
友情を育み、入学してからも、仲良く付き合える友に出会う。

リーダは、言っていた。
一生付き合える仲間とここで、出会えます、と。

だから、リーダも、真剣だ。
そして、、そのまなざしは、後輩を見守る目は、温かい。。。


長男担当のリーダと話できた。

東大の理Vの一年生。
なんという好青年!
爽やかで、物腰柔らかく・・

子供の様子を尋ねた所。。
「元気いいですよ。
暇な時間は、グラウンドで汗流してますね。
体調管理が大変、って、いう子も多いんですが、彼は、元気一杯ですね。

進路については、悩んでるみたいです。
いろいろ相談してくるのですが、
○学部、希望なのですね。
でも、みんなの話聞いて、
○大学の○学部にも、行きたくなったようです。
英国にいたんですね。・・・・」

なんと、このリーダは、わが子を把握しているのだろう?
たった、3日、一緒にいるだけなのに。。

名物講師担当の授業は、一日6コマ。
残りの一日6コマは、リーダとの座談会や、講師の講演会。
大学を入ることだけが目的ではない。
その先まで考える。人生を考える。
自分自身を見つめることができるよく考えられたコースだ。

この箱根でのセミナーは、駿台予備校が、
一番力を入れている企画だそうだ。

まだ、授業中。。

子供を待っている間、○大コース専属の名物先生の
高らかな声が鳴り響く。

「古文はな。
当たり前に解る、誰のことを言ってるか、
なんて、どこにも書かないぞ。
当たり前のことなんだからな。
書いてないんだぞ。」

怒鳴っているようで、怒鳴ってない。
怒っている様で怒ってない。

ああ、懐かしい。
これって、中学受験の先生の講義、と、似ている。。

授業終わって、長男が出てきた!

なんと、凛々しい顔か!!

「人生で、一番、充実している時を過ごしてるよ。
こんな素晴らしいコース、今まで、ないよ。サイコ〜!!
幸せだよ。。!!!」



そして、次男に一言。。

「おい。
おまえもちゃんと勉強して、こういう所、来いよ。」



2006年、大学入試を終えて