お問合わせ・お申込み

四柱推命とは? 佑木美月

四柱推命とは日本で作られた呼び名で、中国では、「子平」、「八字」、「命理」、「命学」と言われています。
日本では、「占い」的な四柱推命も多くあり、安易なものも多く出回っていますが、命理とはもとは宇宙天地自然の理のことで、古代中国で成立した哲学である「陰陽論」と「五行論」にもとづいて、人の命運を推す学問です。

陰陽論とは、全ての物事は相反しながらお互いに影響し合う、二つの側面から成り立っていると考えられた宇宙観のことです。ビッグバン以降の宇宙全体に当てはまるものと考えられています。

「五行論」というのは「陰陽論」より後に出てきた思想で、万物を「木・火・土・金・水」という五つのエネルギーに分類し、その生成発展のありようを解明しようとする理論です。五行の「行」は「めぐる」という意で、目に見えないエネルギーとも言うべきものです。

この陰陽論と五行論を組み合わせたものを「陰陽五行論」といい、それをもとに、十干(天の気)と十二支(地の気)が考え出され、干支暦で使われる60干支が作られたのです。

命理(四柱推命)は、生年月日と出生時間に干支暦の60干支をそれぞれ配置して四柱八字とし、それを一個人の生命エネルギーとみなして、人生で起こりそうな様々な事柄を読み解いていきます。

何故四柱推命で運が読み解けるのか?

人間は胎内にいるときに「気」(エネルギー)によって身体がつくられ、出産の瞬間に肺呼吸をして、天地の気を一気に体内へと取り込むことで生命を得ます。 四柱推命でこの生まれた瞬間の天地のエネルギーを読み解くことで、あなたの持って生まれた生命エネルギー(先天運)と人生の大きな運の流れ(後天運)を知ることができるのです。

四柱推命の歴史について。簡単に・・・

四柱推命の起源は、中国における戦国時代(紀元前400年~200年頃)であっただろうと言われています。又今の形に近い四柱推命のはじまりは、1000年位前であったと言われています。

主な文献をあげると、

  • 戦国時代(紀元前400年~200年頃):珞琭子「珞琭子三命消息賦」
  • 1100年代:徐子平「珞琭子三命消息賦註」
  • 1200年代:徐大升「淵海子平」
  • 1368年頃:劉伯温「滴天髄」原註
  • 1600年代:陳素庵「命理約言」
  • 1700年代:沈孝瞻「子平眞詮」
  • 1800年代:任鐵樵「滴天髓闡微」

1900年代:袁樹珊「命理探原」
徐樂吾「子平粹言」、「滴天髄徴義」編註等へと引き継がれています。

日本では、1818年(文政元年)に桜田虎門という人が、命理の知識もないのに、まだ命理の試行錯誤が甚だしい時代に著された、徐大升氏の「淵海子平」という本を間違いだらけのまま「推命書」という名で発刊してしまい、それが現在まで広く受け継がれているのが現状です。

十干十二支の分類

陰陽五行論からの分類

<十干>

陽干
陰干

<十二支>

陽干 辰・戌
陰干 丑・未

四柱八字のもとめ方

十干十二支を用いた干支暦をみて年、月、日、時に、それぞれに当てはまる干支を置いて四柱八字とします。

(例)昭和47年5月15日 AM2時生まれの方の八字 大阪生まれ

※出生時間は経度差、均時差を調べ、正しい出生時間にしてから八字を出します。
⇒この方の場合、経度差+2分、均時差+3分  真正生時AM2:05

壬子
乙巳
丙午
己丑

事象推察

gogyou
この八字の五行のエネルギーの力量を正確にはかり、大運、年運がどのようにこの生命エネルギーに関わるかをみて、下記に記載しているさまざまな事象を推察していきます。

八字のすべての干支が影響しあい、その方の生命エネルギーを構成するため、出生時間の不明な命は、正確な鑑定ができません。

命理(四柱推命)で何がわかるか?

四柱推命で分かることをまとめると次のようになります。

Ⅰ 家庭環境

  • 父母縁―両親との関係の良し悪し、その変化。
  • 遺伝的要因。
  • 生家の財的環境、社会的地位の状態。
  • 配偶縁と結婚の時期。
  • 子女の有無とその関係の良し悪し。
  • 兄弟姉妹のおよその多寡、関係の良し悪し。

Ⅱ 性格・病源・嗜好・容姿など

  • 持って生まれた性情と、運によって変わる性情。
  • 持って生まれた知的能力や才能。またその能力が上手く発揮できる時期。
  • 疾病の出やすい部位と時期、病名。
  • 飲食物の嗜好傾向や、向いている運動。
  • 大まかな容姿。(美醜、背の高さ、太りやすさ、肌の色等)

Ⅲ 仕事・適職

  • 適性進路、適職。(専業主婦も含む)
  • 仕事で成功できるかどうか?その時期は?
  • 社会的地位はどの程度か?
  • 自分の能力でどの位の財産を築けるのか?稼ぐことのできる時期は?
  • 遺産や遺業をどこまで護れるか?

Ⅳ 一生の運の流れ

  • 誕生から十八歳頃までの運の傾向性。(親の庇護や生命力が運に関係する期間)
  • 成人から晩年までの運の傾向性。
  • 晩年に入ってからの運・寿命。
これ以外にも、友人関係や相性など多くのことが分かりますが、大まかにまとめるとこのようになります。

中医漢方と四柱推命

また、四柱推命と中医学は歴史上中国で一緒に発展してきました。 その為、四柱推命と中医学の知識を組み合わせることで、自分の体質を深く理解でき、自分の体質に合わせた養生法を取り入れることで、肉体的にも精神的にも元気で健康なライフスタイルを実現していくことができます。

四柱推命と中医漢方・漢方茶・薬膳についての詳細は、ブログをご参照ください。