背戸峨廊

小川

いわきのトレッキングコースの中でNo.1の難易度を誇る、夏井川渓谷にある”背戸峨廊”
コース中には10以上の美しい滝が点在しています。そんな滝巡りだけではなく荒々しく切り立った断崖と激流、時には清流がただ静かに流れゆく空間などと楽しさも満載された渓谷美
新緑の季節や紅葉の名所としても有名です。

一周8.4km,所有時間は約4時間半。トッカケの滝までは遊歩道的なコース、そこから先は標識などは無いが、チェーンやハシゴや橋なども架けられてよく整備された一本道。迷うことは無いものの体力と技術が必要になる、かなりハードな登山となります。
  • 駐車場とトイレ
  • 渓谷の序盤
  • トッカケの滝
  • 10m級の梯子
  • 釜ヶ淵
  • 片鞍滝
  • 黄金とろかし
  • 沢登り
  • 鹿の子滝
  • 崩落の残骸
  • 三連の滝
  • 帰路での視界

Comment

幾たびの台風の被害で登山道が損壊し入山禁止になっていたため、何度もタイミングを外していた。
本当は紅葉が美しい時期にと思ったが、台風が到来する前に歩いた来た方が無難かな?

所有時間は休憩を含めて4時間半、後半は足が上がらずヘトヘトで疲労困憊だった。震災後に初めての入山、幾つかの崩落はあったものの致命傷に至らず幸いである。
今回、安全に楽しめたのも、度々の登山道の復旧作業に携わった関係者の方々のおかげです。大変ありがとうございました!



アクセス

磐越東線”江田駅”脇に専用駐車場とトイレがある。登山道口へは駐車場から100m先を右へと侵入、10分ほど歩いた先が第二駐車場とトイレがある場所。

ここまで車でも可能だが、シーズン中には満車の場合があるので注意

コースガイド

「トッカケの滝」まで
滝までは約30分。遊歩道的なコースで背戸峨廊瀬の魅力が凝縮された初心者向き。

「一周コース」
トッカケの滝脇のハシゴを登ってからが本格的なコースとなる。滝の最終は三連の滝で、この先に帰路の早回りコースとゆっくりコースの分岐がある。一周約4時間半!