本文へスキップ

村上牧場は北海道は道南で放牧酪農と乳製品の加工販売の牧場です。

TEL. 0137-87-2009

〒049-4825 北海道久遠郡せたな町瀬棚区西大里359

牧場方針CONCEPT

牧場方針


牧場主の村上信夫です。
牛ー草ー土の自然循環型の酪農を基本として、9年前から完全に放牧酪農に転換しました。牧草地には化学肥料は使用せず、牧場で製造した堆肥と曝気尿です。5〜10月は昼夜放牧で飼料は自給飼料を主体で給与していますが配合飼料はNON-GMOを最小限の給与にしております。チーズの原料になるブラウンスイスとジャージー種は夏は放牧草、冬は乾草のみの給与体系です。
私の酪農の原点は青年期に実習したアメリカの田舎の放牧酪農と牛を大事に飼うブリーダー的な北海道の酪農家です。ここ瀬棚には瀬棚に生かされる酪農の形態もあります。あまり牛には無理をかけずに牛に生かされてることを忘れずに共存共営することです。


牧場概要

CEO

せたな町瀬棚区の街を抜け5kmほど走り日本海が間近に見える通称ガンビ岱と言われている高台に私たちの牧場があります。酪農が主体でそれにチーズ、アイスクリーム、パウンドケーキなど製造、販売しております。
牧場にはホルスタイン種、ジャージ種、ブラウンスイス種など55頭程飼養しております。そのほかにポニー,ヤギ、犬、猫を飼っています。
牧場の中には直売所、休憩所等もあります。
遠くに奥尻島が見え、日本海の青と牧草地の緑のコントラストに夕日には最高のビュウーポイントです。お近くにお越しの際はぜひお寄りください。きっと癒しの空間になることでしょう。


牧場沿革

1968年
義父母が現在地で酪農を始める。
1979年
牧場内に新しい牛舎を建設
1981年
結婚と同時に経営も委譲される。
1996年
妻がアイスクリームと手作りケーキの製造、販売を始める。
2005年
完全に放牧酪農に切り替える。
2008年
長男がチーズ工房を開設する。

バナースペース

村上牧場

〒049-4825
北海道久遠郡せたな町瀬棚区西大里359

TEL 0137-87-2009
FAX 0137-87-2009