作文リスト

【自然教室に行ったよ☆☆前編】

author:お米くん(2006年4月1日)

  1月23日〜25日まで、2泊3日で八ヶ岳に行きました。自然教室で八ヶ岳に行くのは、2回目です。小学5年の時に1度行きました。

  今回の自然教室の全般は、スキーです!私はスキーを今まで1度も滑ったことが無く、今回が初めてでした。スキーの班は、A・B・C・DがあってAから上手い順でした。私の班はDで、まったく初めての人達ばかりの班です。友達もDがほとんどでした。

続きを読む

【中学生になって】

author:お米くん(2005年4月30日)

  4月5日に米程(こめほど)中学校の入学式がありました。お米は1年3組でした。今年で7年目の3組です。もうあきちゃった。

  部活では吹奏楽部に入ってユーフォニウムを担当します。あと、お米が丘小学校のOBバンド(ユースバンド)にも入ったよ。本当はサキソホーンがやりたかったんだけど、サックスは人気があって他のみんなと取り合いになりそうだったから、最初から第二希望だったユーフォにしたんだよ。

続きを読む


【『伝道』と『お米くんの1型糖尿病日記』】

author:お父さん(2004年7月6日)

【伝道】は、1971年6月に発売された、加川良さんの『教訓』というアルバムのB面最後に収められていた、6分45秒の偉大なる小品です。【伝道】をあえて小品と呼ぶのは、わずか8行の詞を延々と7分近く繰り返すだけの歌だからです。

続きを読む


【「おしえて、先生」が出来るまで】

author:お父さん(2004年5月20日)

「おしえて、先生(ドクター)」というタイトルは、4月の初め、「【おしえてお米くん】というタイトルで、お米くんが質問に答えてゆくという新コンテンツはどうだろう?」というデザイナーのアイデアを受けたのがきっかけで決まりました。

元々、監修などの形でお医者さんに関与していただく計画は『お米くんの1型糖尿病日記』の開設を準備していた2003年の暮れあたりから私の構想の中にあり、デザイナーにも話をしていましたが、実際に「おしえて、先生(ドクター)」を始めるには、「先生」の承諾と、質問に対する回答を頂かなければならないので、私にはそのことがとても重く感じられ手をつけられないでいたのでした。

続きを読む


【学校とお友だち、そして家族】

author:お米くん(2004年4月1日)

私が通っている小学校は、【お米ヶ丘小学校】です。そこでは、【スクールバンド】というのがあります。スクールバンドとは管楽器と打楽器があって、3年生から入れて、入りたいと思った人は3年の3学期の終わりごろ、入りたい人だけの説明会があります。スクールバンドは、略して【スクバン】です。長いので、皆スクバンと言っています。

続きを読む


【サマーキャンプに行ってきました】

author:お米くん(2004年4月1日)

サマーキャンプは、2003年8月19日から8月24日までの5日間でした。

サマーキャンプの場所は、東京駅から電車に乗って3時間ぐらいでした。電車の中では、初めて会ったキャンパーの人達と、しゃべったり遊んだり。乗りかえの駅では、ホームで注射をしている人もいたり。でも私は、電車の中で打ちました。 動いている時は、打ちにくいので次の駅に着くまで、ずっと手に注射器を握り締めたまま。次の駅について、1分ぐらいの間にすばやく打ちました。とっても、緊張しました。

続きを読む


【インスリンと自己注射】

author:お米くん(2004年3月25日)

平成15年から、インスリン(自己注射)をやり始めて、1年が経ちました。私は、「1年が過ぎるのがとても早かったなぁ・・・」と思いました。

学校で注射を打ってからも、もう1年が経ちました。はっきり言って、学校で注射を打つのが嫌です。授業中、途中で抜けて保健室に行くのが、すごく嫌です。保健室にたまたま来ていた人に、「何やってるの?」って思われるのも。

続きを読む


【お米くんと「1型糖尿病日記」について思う事】

author:お父さん(2004年2月11日)

お米くんは私の可愛い長女です。今年(2004年)3月19日で満11歳になります。普段私は彼女のことを、「お米」と 呼び捨てにしていますが、この場では「お米くん」、と呼ぼうと思っています。理由はこのサイトで私はお米くんを、私 の子供としての扱いではなく、ある日突然1型糖尿病になった少女を知る一個人として、彼女の病気に対する考え方や 姿勢をここに紹介しようと考えているからです。

続きを読む