BAR04.GIF - 956BYTES

HANA005.JPG - 2,853BYTES

大曲ユースホステル

KI.GIF - 136BYTESトップページKI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES   YH紹介  KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES 料金・予約 KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES イベント KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES 周辺ガイド KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES   アクセス  KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES   リンク   KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES 営業日誌 KI.GIF - 136BYTES

BAR04B.GIF - 980BYTES

【新米ペアレントの営業日誌】

2008年

8月31日(日)
ここ数日、大学生の利用が急増しており、ユースホステル本来の姿に戻った感が強くなっ
ています。この時期、夏休みの残りで旅行しようとする学生さんの利用が例年、多い時期
で、当YHにとってはうれしい反面、一昨年9月からはじめた年齢別料金割引のおかげで
ちょっと厳しい経営となっています。とはいえ、協会の調べでも、10代、20代の方に
とってはユースホステルというものの存在を知らない方が大半になっている現実を見る
と、こうした草の根運動を進める必要を感じます。次は、利用して頂いていない方に、ど
うユースホステルを知ってもらうかというてんです。年齢別割引に該当した利用者の方に
は、地元の知人や学校などで宣伝してもらうようお願いしています。

8月30日(土)
8月最後の週末となりましたが、残念ながら天気が良くなく、少しガッカリの週末となっ
てしまいました。この時期、米を初めとした農作物がたっぷりと実っているので、雨はま
だしも風が強くなると、収穫が台無しになってしまう可能性があるので、気がかりです。
米は刈り取りまであと1ヶ月を切り、黄金色の穂が重そうになってきています。天気がよ
ければ、飯詰駅から当YHまで徒歩で来ていただければ、おいしそうなお米の田んぼと雄大
に広がる鳥海山を楽しむことが出来る季節となってきました。電線には、初夏にいた塩辛
トンボから、たくさんの赤とんぼに移り変わり、秋を演出し始めています。

8月29日(金)
昨晩は関東や中部地方で記録的な豪雨となったようですが、こちら大曲でも、雷が午後か
ら鳴り始め、夕方には激しい雨となりました。到着を懸念していたお客様たちは、何とか
皆さん自力で到着できたのでほっとしていますが、明日も不安定な天気が続くとのこと。
せっかくの8月最後の週末なのですから、好天を期待したいものです。畑も先週末に収穫
してから放置状態になってしまい、またトマトは大量に完熟トマトを実らせ、ナスも追肥
を懸念していたのですが、枝の上のほうから新しい芽がだいぶ伸び新たな実を大きく付け
始めました。晴れてくれれば、ネギの土寄せなどの作業が待っています。

8月28日(木)
先週には最低気温で15度を下回るまで涼しくなったのですが、今日は一転、最高気温で
32度に迫るまでの暑さの戻り。晴れてくれればまだしも、どんよりした雲に覆われ、雷が
聞こえるほどの悪天候。降るなら降ってくれたほうが涼しくなります。さて、都会では悪
天候で鉄道が不通になっていたようですが、こちらでも、秋田新幹線が故障、さらに山形
県天童付近での架線故障の影響で、今日のお客様は、新庄から飯詰駅まで代行タクシーに
揺られての到着となりました。夏休み終盤には、大学生を中心にJRで来られる方が例年
増えますので鉄道はしっかり動いて欲しいものです。

8月27日(水)
先日の無断キャンセルのお客様と連絡が取れました。仕事の日程が変更になったためとの
理由でした。そのため、後日分の宿泊の依頼を受けましたが、当YH開設以来、初めてお
断りいたしました。決してビジネスの方を避けているわけではありませんし、通常、高級
ホテルでも、1度の変更はキャンセル料なしで行います。ただ、今回は、無断キャンセル
を発生させての後でしたので、お互いの信頼関係は一切ありません。飛び込みのお客様で
も、信頼関係はありませんが、でも、それはゼロベースでのスタートです。今回の方の場
合、マイナスからのスタートとなるため、次も無断キャンセルの可能性も考えられるし、
支払い面でも、と考えると、受けられませんでした。決して当YHがお客様を選べる余裕
などはないのですが、今回ばかりは、決断した次第です。一般の旅行客の方には、最善の
サービスをするつもりでいますので、ご安心してご利用ください。

8月26日(火)
先日、あるお客様と話したときのことですが、いろいろ面白い指摘をその方から頂きまし
た。そのひとつは、楽天などの予約サイトでよく見る利用者の声を書き込むことは出来な
いのか、という点。利用前に結構参考にするとのことでした。ただ、これについては、い
いことばかり書いてあってもいやらしく思えるし、間隔が空いてしまうと、利用者がとて
も少ないと思われがちになるなどの点から、利用していません。もひとつ、気になったの
が、HPがビジネスライクになりすぎている点を、指摘されました。元々その方向で作っ
てあるのですが、せっかく利用して楽しい思いが出来るなら、それが判るように作ったほ
うがいいと。言われてみれば、なるほどと、思いました。個人情報の問題等はあります
が、これから、そういった点も加えて行きたいとおもいます。

8月25日(月)
花火も終わり、北京オリンピックも終わって、大曲では秋が急速に訪れた感が強くなって
きました。今日は、今年初めての無断キャンセルが発生しました。一般的な旅行をされて
いる方ではめったにないのですが、今回はビジネスの方でそれも8連泊の予約の方でし
た。花火の日にも同業者の方で、夜の9時にキャンセルの電話を頂き、痛くショックを受
けました。当YHでは普通の旅行のお客様に対して、よほど悪質でない限り、キャンセル
料を請求することはありませんでしたが、今回はビジネスの方ですので、遠慮なくキャン
セル料の請求を行うつもりです。

8月24日(日)
午前中に花火見物のお客様も帰られ、賑やかだった当YHも久しぶりの静けさとなりまし
た。昨晩はNEXCO(旧日本道路公団)の渋滞情報で夜中12時に大曲周辺で渋滞マー
クが1年ぶりに出ていましたが、今朝再度チェックしたら、山内付近の秋田道と、一ノ関
付近の東北道の上りで渋滞マークが出ていました。昨晩、渋滞をやり過ごして大曲近辺で
時間を過ごされた方の帰省ラッシュが出たもののようです。早くも、来年の花火の日の予
約の問い合わせを頂いております。今年大変苦労したため、来年は楽に花火を見たいとい
うことで直後に動かれる方がいるようですが、当YHでは来年分の予約に関しては、例年
通り来年5月下旬頃からの予約受付を予定しています。

8月23日(土)
本日は花火当日。今回の82回全国花火競技大会は、時々雨が降る中で行われ、帰りには
見に行ったお客様もずぶ濡れになって帰ってこられました。当YHにとっては、まだ4回
目の花火大会にあたり、お客様にはいろいろ戻られた後話を聞かせて頂いたり、帰りのル
ート別の所要時間のチェックなどのデータ収集を行っています。今回も、やはり早かった
のは、自転車で行かれた方で、花火終了後、約1時間で戻られました。今回は雨というこ
とで、車で行かれた方もいましたが、道路規制が行われている地域の外側の民間の駐車場
に止めたとのことで、こちらも1時間強での帰還となりました。今回、JRで戻られる方
が2名と少なく、ほとんどの方が自力で戻ってきたため、当YHに終結した時間は例年よ
り早かった気がします。

8月22日(金)
今晩から、花火見物のお客様で、当YHも1年で最高の賑わいとなる時期を迎えました。
とはいえ、花火の時期だけは、夕食の提供を行わないので、夕方いつもと違って、時間が
出来てしまいます。この時間を利用して、そろそろいいタイミングを迎えた枝豆の収穫を
行いました。枝豆は掘り起こすこと自体は、たいした手間ではありませんが、収穫後の処
理がかなりの手間になります。一房ずつ枝からむしって、茹でて、豆だけを取り出して、
冷凍保存します。当面は、採れ立ての枝豆として、ビールのお供に提供していきます。

8月21日(木)
先日はこの時期特有の羽アリの大襲撃があり、当YHでも宿泊のお客様に大変ご迷惑をお
かけしました。近くの売店の自販機は羽アリに包まれる状態で、買い物など出来ないほど
でした。ここに来て、秋田県でも、温暖化の影響なのか、いろいろ変化が出ているようで
す。ヤマヒルが秋田市にも出るようになり、クモも例年以上の大量発生が報道されていま
す。今のところ、虫の襲来は時々ありますが、関東地方にいるいわゆるやぶ蚊は、まだ秋
田県ではほとんど見かけず、蚊がうるさくって寝られないということはありませんが、そ
れでも、徐々に増えてきているとの報告もあるようです。

8月20日(水)
お盆も終わり、近くの方と話す時間が出来たので、ここのところナスの実りが少なくなっ
てきたとの話をしたところ、肥料が足りないとの指摘を頂きました。確かに、当YHでの
農作物は、「ものぐさ農業」を標榜しているため、肥料の不足や水不足、雑草などかなり
過酷な環境の中での育っています。追肥も土寄せも、全面マルチを敷いているため、なか
なか施すことが面倒になってしまいます。それでも、秋茄子が楽しめなくなってしまいま
すので、なんとかナスには時間を見て、マルチの間から追肥をしてやらないといけないよ
うです。

8月18日(月)
先日のテレビの録画を見ていたら、山形県では雑草を食べるとのこと。その雑草を見る
と、当YHの畑にも大量に生えているものでした。さっと茹でて辛子醤油で食べると、ご
飯のお供に最適とのこと。雑草と言ってしまうと食べにくくなりますが、もともと山菜な
ども雑草の一種のようなものですから、この「ヒョウ」と呼ばれるスベリヒユも、近いう
ち一度トライしてみようかと思います。原料費がただということと、料理が簡単というの
が、とても魅力的です。近所の方に聞いてみたら、昔、学校給食で出たことがあったけ
ど、当たったことがあったので出なくなったとの話。当たったら困っちゃいますけどね。

8月17日(日)
今日でお盆も一段落となりました。周辺では、ドンパン祭り(旧中仙)、払田の彩夏まつ
り(旧仙北)が15日、昨日には横手の送り盆祭りも行われ、これらの祭りで多くの花火も
上がりましたが、終われば大曲も気温が下がり始め、秋らしい雰囲気に包まれ出します。
今年はガソリン高騰の影響か、帰省ラッシュの渋滞も例年ほどひどくはなく、来られた方
は、楽に秋田県を旅行できたようです。今日は天候も今一でしたが、その影響もあり、最
高気温は26度までしかあがらず、7月後半から続いた暑さも一段落となってきたようです。

8月16日(土)
今日から湯沢市の西部、羽後町で「西馬音内の盆踊り」が始まっています。日本3大盆踊
りにも選ばれている(?)もので、深い編み笠や彦三頭巾(ひこさずきん)を被って踊る
姿は、神秘的ともいえます。ただ、夜遅い祭りですし、当YHから車でも1時間弱かかる
場所で行われるので、当YHに泊って見に行くには、車かバイクが必要になります。本
日、雨の中、その強行軍を行った方がいました。帰ってきたらずぶ濡れでしたが、甚く感
動したとのことで、Tシャツまで購入してこられました。余裕があれば、私もいずれ、是
非見に行ってみたいと思っています。

8月15日(金)
先日、カラス除けのネットを張ってから、トマトのカラスによる食い散らか
しも激減、ようやくトマトの収穫が人間の番に回ってきました。当YHの
食事にも提供していますし、ご希望の方には、朝、出発前にご自分で
収穫してその場でかじりついて頂いております。近所の方も言っていま
したが、今年のトマトは、若干皮が厚めに出来ているとのこと。7月中に
雨が少なかったことが原因しているのでしょうか。それでも、完熟トマト
は十分においしい味がしています。

8月12日(火)
今晩、たまたま居合わせたお客様、3名ほどが鉄道好きの方が集まっ
てしまいました。年齢は50代、30代、10代とばらばらですが、趣味があう
と年齢は関係なく話があってしまうもののようで、遅くまで話し込んでい
ました。そこで出た話の中に面白いものがありました。当YHで場所的
に話題になるのが秋田内陸縦貫鉄道のことです。いろいろと再建案が
出されていますが、どうしても議員さんや住民が中心となっての再建が
検討されています。しかし、周辺に住む方が相対的に少なく、どれだけ
地元の方が乗っても、限界があるのが事実。なら、外部からの集客が
必要となりますが、そこで、鉄道ファンを集めるために、鉄道ファンが
自ら再建策を考えるのもひとつの方法との話。そういうのも、面白いか
と思います。

8月10日(日)
8日から始まった北京オリンピック。テレビやマスコミは他の話題そっ
ちのけでオリンピック一色になっており、開会式の観客席などは、マス
コミの方ばかりが集まって、一般の人間には遠い感じを受けてしまい
ました。開始後、当YHでも食堂のテレビで、オリンピックに皆さんが釘
付けになってしまわないか、心配していたのですが、ここ2日の状況を
見てみると、そうでもなさそうで、ほっとしております。やはりせっかく観
光に来られたのですから、オリンピックの情報よりも、明日どうするか
の方がお客様の関心は強いようです。

8月9日(土)
今朝はお客様も早立ちとなったことと、外が涼しかったこともあり、懸
案だったネギの救出作戦の第二段を行いました。草に朝露がついて、
抜きにくかったり、伸びすぎて顔に当たったりしてましたが、1時間半ほ
どで完了。時間があまったので、駐車場周辺と、裏で伸びきったネムク
サの草刈。花が咲く前に、と思っていたのですが、すでに黄色い花が咲
いてしまってました。まだ種ができる前だったから、来年の被害は少な
そうです。 本日の作業は、2時間強で終了しました。暑くなる前の作業
でしたが、滝のような汗をかくこととなりました。


8月8日(金)
今日は時間に余裕が出来たので、まとめ買いに出かけました。普通なら
一ヶ所で済むのですが、食品などの物価がここ大曲でも上がってきて
いるので、ガソリン代と相談しながら、何ヶ所か安いものを物色するはめ
になってしまいました。特に値段が店ごとに大きく違うのが、食パンと
卵です。卵は売り出しにあたると100円を切る値段で出ていますが、通
常200円近くします。買い物ついでに、防鳥網を購入。さらにはニテコ
サイダーを調達に寄り、買い物が終了となりました。戻ってからトマトに
防鳥網を施しました。

8月7日(木)
竿灯祭りも昨日で終わり、今日から当YHも巡航速度となりました。竿灯
期間は電車での起こしの方が多かったのですが、立て続いて起きたの
が降りる駅を間違えるというハプニングでした。先日は間違えて大曲で
降りてしまい、交渉の後、迎えに行くという事態になりました。また一昨
日は、なにを勘違いしたのか、刈和野で降りてしまったお客様がいまし
た。電話があったものの、車で迎えに行くより、1時間後の次の電車の
方が早いので、夜10時の刈和野駅で1時間ほど電車待ちをしていまし
た。昼間や都会の駅なら、間違えて降りても、時間のつぶしようがありま
すが、秋田県で夜の駅で時間をつぶすのはかなりの苦労がいります。
当YHは大曲から横手方面にひとつ進んだ飯詰という駅が最寄になり
ますので、これから来られる方、間違えないようにしてください。

8月6日(水)
本日で秋田市の竿灯祭りも最終日となりました。今年の竿灯祭り、例年
と比べると飛び込みのお客様が少なかった気がします。そして、少なか
った要因として考えられるのが、ガソリン高騰に伴う、車、バイクのお客
様の減少のようです。例年、この時期だと、少なからず車やバイクでの
お客様が毎日いらっしゃるのですが、今回は電車での旅行のお客様の
方が多かった気がします。高速道路の利用者数減少や夏の旅行を控え
るといったアンケート結果が出るなど、ガソリン高騰の煽りを受けた動き
が報道されていますが、こうした形で影響が出るとは考えていませんで
した。

8月5日(火)
東北3大祭り(ねぶた、竿灯、七夕)や花笠、ねぷた(弘前)など有名どこ
ろの夏祭り本番ですが、秋田県南では、湯沢で七夕絵灯ろう祭りが明日
から開催されます。冬の犬っこ祭り同様、全国から来るほどまだ知名度
がある祭りではありませんが、地元ではこの祭りで大盛り上がりとなり
ます。15日からは、横手で送り盆祭りが開催されます。またお盆の時期
には、近辺で多くの花火が打ち上げられる予定です。まだ当YHの予約
状況に関しても、お盆期間中はそれぞれの日に余裕がありますので、
ぜひお越しください。

8月4日(月)
今日は近くの学校で、親の職場を見学するという体験授業があり、その
ため、当YHを手伝ってくれているパートさんのお子さんが見学に来てく
れました。当初、見学とのことだったのですが、気がつけば、掃除機を
持ったり、雑巾をかけたりと、見学から体験に変わっていましたが、パ
ートさんに聞くと、大半のところで手伝いをさせられているとのことだっ
たので、いい機会だからと、遠慮なく手伝って頂きました。かつて、ユー
スホステルでは、皿洗いは元より、掃除などもある意味強制させられた
時期もありました。現在では、そうしたことが一切なくなってしまっていま
すが、果たしてそれが良かったのか、悪かったのかは、議論の余地があ
りそうです。

8月3日(日)
先日、ジャガイモ堀りを行い、畑が一部ガランとしてしまいました。芋掘
り当日からですが、隣のミニトマトをカラスが食い荒らす被害が出てしま
い、ちょうど芋がなくなったスペースが彼らの食事場所となってしまって
います。近所の方に聞けば、とうもろこし、トマトは、カラスが食い荒らす
ことが多いので、防鳥ネットをかけた方がいいとのこと。これから、食材
も豊富に必要とする時期に入るため、早々に作業をする必要がありま
すが、忙しさでなかなか着手できません。お盆期間中のお客様には、
採れたてのトマトが出せるようにしたいと思っています。


8月2日(土)
今年のジャガイモ掘りを行いました。 今年で3回目。今までは一人でセ
ッセと暑い中掘っていましたが、今年は、5月に続いて、秋田市から知
人4名が助っ人に来てくれました。さすがに5人もいると、あっという間に
終わってしまいました。それに2名は大学生なので、エネルギーがあり
余っている状態(??)でうらやましかったです。関係者の方、ご協力あ
りがとうございました。来年はもっと多くの方に芋掘りが体験できるよう
スペースを広げたいと考えています。収穫は、北あかりが育苗箱6つほ
どになりました。これから春近くまでの当YHの食卓を賑わせてくれるこ
とになります。


8月1日(金)
農作物の収穫と、お客様の状況に若干のタイムラグができてしまい、
この時期、ナスやしし唐が若干余りがちになってしまいます。本日も、
かなりの量のナスがぶら下がってしまったので、木を痛めないために
も、収穫してしまいました。採れた量は買い物かご1杯分。刻んで味噌
炒めにしたら、1つのナスで5人分ほど取れますので、50人前ほどの
量になってしまいます。明日は芋ほりをしに秋田から助っ人が来てくれ
る予定ですので、大盤振る舞いするつもりですが、それでも、若干持て
余すほどの量です。

7月31日(木)
明日から8月、大曲の暑さももう一息というところまで来ました。関東方
面から来るお客様の中には、雪国だから夏でも涼しいだろうと思って、
来られる方が時々います。でも、北海道ほど涼しくありませんし、むしろ
盆地ということもあり、夏は大曲でも気温が30度を超えることがままあ
ります。ただ、朝晩の気温が20度近くまで下がることが多いため、寝る
頃にはエアコンなしでも十分寝られる気温に下がります。周りに土や田
んぼがあるため、昼間の高温や水気を調整してくれるのだと思います。
都会で現在のように温暖化が問題になっていますが、こうした調整機
能が失われたことが最大の要因のような気がします。その代わり、セ
ミやカエルがやかましく感じることはありますが。


7月30日(水)
7月も残り数日、8月になったら忙しくなるので、外仕事は今日が最後
のチャンス、そこで懸案だったネギの救出作戦を行いました。本来なら、
もっと早く、雑草を除いて、土寄せしないといけなかったのですが、こん
な時期になってしまったので、雑草をむしってネギが出てきたら、一部
のネギは傷んだり、曲がったりしてしまっていました。とはいえ、作業5
時間、もう一声のところまで草むしりが終わりました。作業後には、周
りに雑草の山が出来るほどでした。あと1畝半ほど、草むしりをしたら、
完了です。8月盆明けに更に土寄せをしないと、ネギとして食べるとこ
ろがなくなってしまうので、それまで雑草が伸びないことを祈りたいです。

7月28日(月)
今日のお客さんには、なんと79歳のおじいちゃんの一人旅の方がい
ました。普段、話し相手があまりいないようで、到着早々、つかまって
しまい、食事の時間をはさんで3時間近く話を聞いてしまいました。
79歳だから昭和4年、東京生まれの方で、太平洋戦争中、疎開もしな
いで、東京で暮らしていたため、昭和20年の東京大空襲のときに、逃
げ回った経験の持ち主。立教大学が空襲にあわなかった理由や、陸
軍と海軍の話など、貴重な話を面白おかしく聞かせてもらいました。 私
がその方の年齢になる頃には、そうした体験をされた方はほとんどい
なくなってしまうことになり、こういった貴重な話も聞けなくなってしまうの
だろうなと、考えてしまいました。

7月26日(土)
既に梅雨も明け、ジャガイモの花も終わり、先週あたりには、ジャガイ
モの実(芋じゃない)も散り始めていました。ジャガイモは、幹も枯れ始
めたものも出始めて、当初計画では、お盆前後の収穫のつもりで植え
つけたのですが、予想以上に早い収穫となりそうです。試しに、2株ほ
ど、本日、掘り起こしてみました。既にしっかり大きめの芋が実ってお
り、今週末あたりにには収穫しないといけないようです。ご希望の方が
いれば、一緒に芋掘りを行いましょう。

7月25日(金)
またも東北地方を震源とする大きな地震が昨晩ありました。今回は岩手
県北部を震源としたM6.8で、ここ大曲は震度4でしたが、前回の揺れとそ
んなに変わらなかった気がします。たまたま、昨晩もお客さんが居なかっ
たのが幸いでしたが、これだけ続くと、怖くなってしまいます。地震後、す
ぐ電話が鳴って、それにも驚きましたが、電話の相手は、以前東京から来
てくれていた居候君でした。東京でも結構揺れたので、気にしてくれたよう
です。部活動が忙しいのか、この夏は来られないとのことでしたが、冬に
また来られたらとのことでしたので、楽しみにしています。昨年冬にはさほ
ど雪もありませんので、一番雪の多い時期に来てくれたほうが、いろいろ
楽しめるのにと、考えています。

7月24日(木) 夏休みの空室状況
今日現在の夏の利用状況ですが、大曲の花火の日(8/23)は満室となっ
ています。その前日はまだ若干余裕があります。更に8/11(月)にまとま
った予約が入ってきていますので、この日も残り若干となっています。た
だ、目先迫った竿灯祭りの時期(8/3-6)に関しては、まだかなりの余裕
があります。今年はガソリンの値上げや、先月の栗駒山近くの地震の影
響などで北東北に来られるお客様が少ないようです。こういう時にこそ、
是非お越しください。比較的ゆっくりと観光地を見て回ることが出来そう
です。


7月23日(水)
昨日は朝8時半頃からだった雷雨は、今朝6時からまた始まりました。
それより早くから草刈や農作業を行っていた近隣の方々もあわてて撤
収となったようです。朝、雨が降ると、その日一日、蒸し暑くなってしま
い、更に雨が残ると、窓も大きく開けられないので、気温的にはさほど
高くなくとも、蒸し暑さがひどく、体にはかなりこたえます。先週、梅雨
明け宣言が出ましたが、この雷雨が梅雨明け前最後の雨といった感
じでした。ちなみに、激しい雷雨となると、中継基地から距離がかなり
ある当YHでは、ネット回線がつながらなくなります。

7月22日(火)
今日は、朝8時半頃から、雷と激しい雨となりました。お客様の出発時間に
当たってしまい、出そびれた状況になってしまいました。その後掃除をして
いると、水道が止まってしまいました。市役所に聞けば、雷が玉川上流の
取水口の電気設備に落ちたため、大仙市の一部で水道が止まってしまっ
たとのことでした。30分ほどして水道は復旧、事なきを得ましたが、水道
が雷で止まるというのは初めてのことで、かなり驚きました。幸い、お客様
が居ない時間だったので、影響は軽微でしたが、夕食の時間だったりした
ら、大変だったと思います。そういう点では、井戸が多い美郷町がうらや
ましかったです。

7月21日(月)
ガソリン価格が値上がりしているので、買出しも大変です。以前なら、安
いものを求めて、スーパーのはしごをすることもあったのですが、今は、
少し高くとも、出来るだけワンストップで買い物が出来るところを選んでし
まいます。今日も一ヶ所で済ませようと思ったのですが、残念ながら、連
休の最終日ということもあり、商品がないことが多く、仕方なく梯子という
形になってしまいました。最後には、一部買い物を忘れてしまって、同じ
スーパーに戻るという失態も犯してしまい、散々な買い物となってしまい
ました。帰ってからは、暑さ対策のため、消雪パイプを稼動させました。


7月19日(土) 満員御礼
本日、秋田県を含む東北全域で梅雨明けとなりました。昨年よりも23日、
例年より8日早い梅雨明けのようです。さて、今日から夏休み開始の学
校もあり、夏休み最初の3連休。飛び込みの方もぱらぱらとあり、前か
ら予約があった秋田市の中学校の団体さんも入っていたこともあったた
め、今年最初の満員御礼となりました。中学生さんたちが、花火を持参
してきたので、夜、一般のお客様も一緒になって、みんなで当YHの駐車
場で今年最初の花火大会となりました。

7月18日(金)
7月も下旬に差し掛かり、畑の収穫が本格化してきました。明日からお客
様も増えるので、本日のうちにまとめて収穫。今回は、ナス6本、ししとう
20本ほど、ミニトマト3個となりました。 ナスは先日、直売所で見たら、中
位のもので80円していたので、今日までの収穫で、とりあえず、苗分の
原価の半分ほどは回収できた計算です。トマトはまだちょっと早かったの
ですが、既にカラスにいたずらされ始めて、落とされていたので、早々に
収穫、試食となりました。ししとうも先日、枝が幾つか折れてしまいました
復活して、鈴なりの実を付け始めています。これから夏のお客様に、十
分提供できるだけの量が実りそうです。

7月17日(木)
暑さもこれから本番で、当YHでもお客様が増えるはずですので、夏の当
YHの名物、消雪パイプによる一斉放水「打ち水」を始めました。設置に
約30分、ポンプの稼動は半年振りだったので、中が錆びていて、回すの
に苦労しましたが、格闘10分ほどで稼動開始。本来は2、3ヶ月に一度は
メンテナンスを兼ねて稼動させてほしいと業者に言われていたのですが、
普段はなかなか使う機会が少なく、いざというときに、苦労してしまいま
す。とはいえ、5分ほど、水を出してみましたが、下のコンクリートが冷え
るに従い、ひんやりとした風が吹き始めました。 エアコンのない当YHで
の天然のエアコンの完成です。

7月15日(火)
昨日、ナスの下枝を切っていると、ナスの根元から、ナスよりも太い木が
生えてしまっていました。昨年も1本だけあったので、なんだか判らず、
そのままにしたのですが、花も実もならずでした。葉っぱもそっくりなので
すが、幹や葉の葉脈に鋭いとげがあるものです。昨日、枝切りバサミで、
根元からバッサバッサと切り落としてみました。調べてみると、これは、
当YHで使用している接木苗独特の現象で、台木に使用してるものが、
ナスの場合とても元気で、それが伸びてしまうことがあるそうです。JA鳥
取のHPにそういった記載がありました。切り落としたら、ナスに栄養がい
くように追肥したほうがいいとありました。

7月14日(月)
昨晩から激しい雨が降り、梅雨らしくなってきました。雨が降るのは畑の
野菜にとっては、ありがたいことなのですが、あまり激しいと、ようやく実
がなり始めた枝が、雨の勢いや風で折れてしまいます。畑を見に行くと、
食用菊が倒れていたり、ナスやシシトウの枝が折れてたりと、被害は少
ないものの、散々。そのため、本日は、畑のメンテナンス作業を雨の間
隙を縫って行いました。食用菊、ナスとも、枝折れ防止の柵を取り付け
ました。 ナスの下のほうの葉は、A4ノートよりも大きなものに育ってい
ました。残り、ネギと枝豆の土寄せを天気を見ながら行えば、この時期
の作業は一通り終わりで、あとは、食べるだけになります。


7月13日(日)
今日は裏の農道の沿いと、畑、納屋奥の草刈りとなりました。 農道の沿
いは、前回、除草剤を撒いておいたので、伸びたのはスギナだけになって
いたので、簡単に終りました。 問題は、納屋裏の部分。前回6月上旬に
草刈りをしたので、まだ1ヶ月しか経っていませんが、その後雨が度々降
ったので、雑草もかなり成長してしまいました。
作業3時間。なんとか、き
れいになりました。
次の草刈りは、9月上旬。学校が夏休みの期間、この
辺では米の花が咲いて、実りの一番大切な時期なので、草むらの害虫が
草刈りで田んぼに移るため草刈りが禁止となります。


7月12日(土)
昨日、温泉で充電してきたので、本日は、日曜に続いて、玄関前の草む
しりを行いました。かなり雑草が密集して生えてしまったので、かなりの時
間をかけてもなかなか進みませんでした。今日は3時間ほどで、通路か
ら50cm程度のところだけ。気温も涼しく、風もあったため、汗だくにならず
作業ができました。ついでに畑を見てみたら、枝豆の花が咲いていました。
そろそろ畑のメンテナンスをしないといけないようです。マルチの間隙から、
かなりの雑草が出てきてたし、 脇の通路などにも、雑草が生い茂ってし
まいました。 さらに、食用菊の成長が早く、横に広がり始めたので、両脇
に杭を打って、風などで倒れるのを防ぐ仕組みを準備しないといけないよ
うです。

7月11日(金)
今年初めて、八幡平方面に出かけてみました。今日の目的は、今まで何
度も玄関前まで来て、入らなかった後生掛温泉の入浴です。昨年、同じ
ような時期に来たときには、高山植物がきれいに咲き乱れていましたが、
今年は、既に終わったと見えて、さっぱりでした。
入浴料400円を払って、
オンドル湯治棟を通り過ぎると風呂があります。
風呂は、大風呂、泡風
呂、打たせ湯、露天風呂のほかに、泥風呂、そしてここで一番有名な箱
蒸し風呂、それを応用したサウナとバリエーションに富んだものでした。
以前の乳頭温泉、鶴の湯と同様、シーズンオフだったので、ここでも贅
沢に貸切状態でのんびり出来ました。駐車場に戻ると、観光バスが2台
到着してたので、 タッチの差で、静かな温泉を味わうことが出来ました。

7月10日(木)
今日は夏のパンフレットを調達に角館まで買い物がてら出かけてみまし
た。この時期、秋田の観光客はどこも閑散としており、県南最大の観光地
角館の武家屋敷通りもひっそりとしていました。今の時期、武家屋敷通り
の木々の緑がとても鮮やかで、人も少ないことから、静かな街並みを見た
り、写真を撮るにはとてもいい時期です。 ソメイヨシノのトンネルがある桧
木内川沿い川堤
も、緑のトンネルになっていました。ただ、地元の方に言
わせると、今年の角館は5月の連休から既に静かになってしまった、との
話で土産屋さんなど観光関連の方には厳しい状況になっています。


7月9日(水)
大曲の花火(全国花火競技大会)まで、あと1ヶ月半となってきました。そろ
そろ今年も商工会議所前に桟敷席のチケット購入のためのテント村が出来
る時期だなあと思い、近くまで行ってみました。しかし、今年はどうも様子が
違うようです。現場には2つの立て看板があり、例年、テント村となるねむの
き公園は、入場制限が行われるそうで、ここに入るのに、抽選が行われると
のこと。28日から公園で待機して、31日の夜7時に一斉に商工会議所前
に行列を作り、明日朝のチケット販売に備えるとのことです。ちょっと回りく
どいやり方です。チケットぴあに販売を委託するとか、全て申込を受け付け
て、その中から、抽選にでもすれば、機会均等だし、混乱もないような気が
します。


7月8日(火)
昨日、畑をチェックしたので、今朝、暑くなる前に収穫してみました。今年の
初収穫は、シシトウが10本ほどと、米ナスが一つ。シシトウは少々、大きく
なりすぎていました。ナスはシシトウとともに、刻んで、味噌と砂糖、みりんで
炒めました。例年、夏、作るものですが、ほぼ1年ぶりでしたので、思い出し
つつとなりました。少し砂糖が多めになってしまいましたが、今年のシシトウ
も結構ビリ辛の出来だったので、ちょうどいい感じとなりました。残ったシシト
ウはてんぷらにしました。いづれも、お客様の夕食を賑わせてくれました。7
月下旬からは、食べきれないほどの収穫になることを期待しています。

7月7日(月)
今日は朝から雨との予報でしたが、朝起きた時には、まだ雨が降っていま
せんでした。このため、ゴミ出しの後、昨日の草むしりの後始末を一気に行
ってしまいました。コンクリートの上に干していたので、先日の草刈り分とあ
わせて、一輪車2杯分となりました。駐車場の奥に枯れ木や刈った草を積
んであるところに捨てて終わりですが、そこでよく見ると、トマトが花を咲か
せていました。昨年、枝を捨てたときに残っていたトマトから芽が出たようで
す。作業を終えるとちょうど雨が降ってきました。昼過ぎ、買出しの時に調
達してきた網戸に吹き付ける防虫剤を試してみました。結果はどうでること
やら。

7月6日(日)
部屋にいても蒸し暑かったので、3時過ぎから玄関前の草むしりを行いまし
た。金木犀を植えた辺りは紫蘇が生えてきているので、草刈機では行えず
むしりとることにしました。そのほうが除草した効果が長持ちします。とは言
え、ドクダミを始め、多くの雑草が出てしまったので、僅かな場所を行うだけ
で3時間もかかってしまいました。まだ残りは半分以上ありますが、明日か
ら雨との予報ですので、続きは天気と相談しながらとなります。それでも、や
はり家の中に居たよりは、風もあり、涼しかったような気がします。

7月5日(土)
先日訪れた鳥海周辺で、もっとも良かったのが法体(ほったい)の滝でし
た。国道108号線、道の駅鳥海から入ること20kmほど。すぐ先は鳥海
山の登山口(百宅口)になる場所です。滝は駐車場から見える場所にあり、
アクセスも非常に便利でした。下から見えたのは3段の滝の一番下、42m
の第3の滝のみでした。上の滝を見るためには、滝のそばにあるつり橋を
渡って展望台に行く必要がありますが、廻りに殆ど人がおらず、もし熊が!
と考えると、つり橋の手前での見学となりました。滝つぼから流れ出る水は
エメラルドグリーンの川となり、底まで透き通って見えましたが、聞けば、こ
の水も酸性がかっており、この周辺には魚も泳がないとのことでした。足が
あれば、とてもきれいな場所ですので、是非遊びに来てみてください。

7月4日(金)
この時期だけ楽しめる、3番目の場所が、当YHより車で30分ほどの十文
字にある「さくらんぼ街道」です。さくらんぼは山形が有名ですが、秋田でも、
湯沢(三関)やここ十文字でも美味しいさくらんぼを作っています。道沿いに
はさくらんぼ農園が集まり、直売店が並んでいます。多くの畑では既にかな
りの部分、さくらんぼの収穫も終っていましたが、 一部の木にはまだおいし
そうなさくらんぼが鈴なりになっていました。近くの直売所で聞けば、佐藤錦
はそろそろ終わりで、次はナポレオンという品種が出てくるとのこと。佐藤
錦よりすっぱさが強いけど、十分に甘いさくらんぼです。 直売所ということ
もあり、両方の品種を試食させてもらえました

7月3日(木)
今日は隣街、横手市の平鹿で開催されている「あやめ祭り」に行ってみま
した。全ての公園で満開になっているものかと思っていたのですが、全開
で咲いていたのは公園の半分程度。後の半分は、株分けしてまだ1、2年
しか経っておらず、疎らな状態でした。とは言え、3年物のあやめが咲くと
ころは十分に見ごたえがありました。売店では、「あやめだんこ」なるもの
が売っていたので、売り子のお嬢さん(?)にあやめが入っているのかと
尋ねたら、失笑されてしまいました。それでも、平鹿では有名な土産物だ
とのことです。

7月2日(水)
今週後半から、また梅雨の天気に戻るとのこと、今朝は13度まで下がり、
涼しいを通り過ぎて寒いほどだったので、草刈りの2回戦目を開始しまし
た。とは言え、作業を始めたのが9時半。既に朝の涼しさはどこかに行き、
直射日光を全身に浴びながらの作業となりました。 南側の草刈りが1時間
ちょっと。 畑の畦の草刈りと南側ドブ沿いの草刈りで1時間弱。さらに時間
が余ったし、風もなく、 明日までは何とか雨も降らないようなので、うらの駐
車場に除草剤を撒きました。これで夏の花火の頃まで、北側の駐車場の
草刈りをしないで済んでくれればと、願っています。

7月1日(火)
本日から、またガソリンや一部食料品の値上げが行われ、大曲周辺では
ガソリンも175〜180円となりました。これら諸物価の値上がりに対応して、
日本YH協会から、食費に関しての値上げOKとの連絡がありました。最初
は値上げできるのは歓迎で、タイミング的には悪くないなと、思ったのです
が、はたと考えると、今回諸物価や航空運賃、ガソリンの値上げは報道さ
れていますが、それを使うサービス業の値上げというのが一切報道されて
いません。やはり、競争が一段と激しくなっており、更に北東北では先日の
地震の後遺症で観光客が減少傾向にあるとのこと、値上げするのは厳し
いようで、まだ結論を出せずにおります。