BAR04.GIF - 956BYTES

HANA005.JPG - 2,853BYTES

大曲ユースホステル

KI.GIF - 136BYTESトップページKI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES   YH紹介  KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES 料金・予約 KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES イベント KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES 周辺ガイド KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES   アクセス  KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES   リンク   KI.GIF - 136BYTES

KI.GIF - 136BYTES 営業日誌 KI.GIF - 136BYTES

BAR04B.GIF - 980BYTES

【新米ペアレントの営業日誌】


2012年
10月31日(水)
本日より、長期滞在のビジネスのお客様が増員になりました。今回のお客様は11月一杯と
のお話。このため、二階の部屋がすべて長期滞在のお客様で埋まってしまいました。新し
いお客様を迎える準備は、昨日までに終わらせていましたので、今日も外での作業となり
ました。今までは玄関前から奥の駐車場までの東西にわたるU字溝の据え付けでしたが、
それも先日で一段落しましたので、昨日からは駐車場の奥、南北方向のU字溝の設置とな
りました。明日以降雨の予報が出ているので、最初に昨日据え付けたU字溝の間のセメン
ト注入作業で1時間。その後は、これからの部分の穴掘り作業となりました。掘っていた
ら、塩ビ管が出てきました。これは前の住人の方が、裏からの排水を通すために埋めたも
のと思われます。この出口付近だけ雨の時などに、変に水が流れていたので、あるだろう
と思っていました。この管の長さは3mほどで、出口の場所も大体わかっています。今日
は途中までの発掘作業で時間切れとなりましたが、この塩ビ管を撤去しないとU字溝の据
付が出来ません。雨混じりの天気が続くとのことで、この管に水が流れるまでに、発掘作
業を終わらせないとならないので、またもや時間との戦いです。

10月30日(火)
この時期、一般の旅行のお客様がいない時には、夕食後、駐輪場での作業を行うことがあ
ります。本日も夜8時から2時間ほど作業。これから設置する雪囲いの修理などで、毎年
行っていることです。今日はまず、春に取り外した植木の雪囲いを、今年必要な分だけあ
りそうなことをチェック。気温もそんなに下がりませんでしたし、外は月明かりで明るく
作業が出来そうだったので、ついでに一部の雪囲いの設置まで行ってしまいました。昼間
やればいいことなのですが、今は昼間にU字溝の設置などがあるため、秋の夜長を有効に
使う手段です。当YHでは、一般の旅行のお客様がいる時には、夕食後にお話しの時間を
設けていますので、駐輪場での作業というわけにはいきませんが、これから12月中旬まで
の時期が、一年のうち一番お客様の少ない時期になりますので、そうしたことも可能にな
ります。雪囲いもそろそろ待ったなしの状況になってきたようです。

10月29日(月)
昨日、横手駅前で食のまつりが開催されているのに合わせて、街中をウロウロしてヒント
を集めてクイズに挑戦する「ミステリーツアー」が開催されていました。これに合わせて
デモンストレーションとしてコスプレをした方々がウロウロ。ツアーの受付で、ミステリ
ーハウスのメイドさん風の方を発見。駅の観光案内所でパンフを見ていたら、案内所の方
も今日は特別衣装。秋田県では、隣の羽後町でコスプレや美少女キャラを使った町おこし
をして話題になりましたが、まだまだイベント回数は少ないようですが、それでも、イベ
ントの際には偏ってはいるようですが、多くの、特に若者が集まることは証明されている
ようですので、せっかくやるなら、広く募集して、街中でコスプレイベントにしてしまえ
ばよかったのになんて、考えてしまいました。

10月28日(日)
昨日、今日と横手駅前イーストで「まちなか腹っちぇフェス」という食の祭りが行われて
いました。秋田のB級グルメチーム(秋田フードプロ)が屋台を出しているほか、ゲスト
として福島の「なみえ焼そば」と久慈の「まめぶ汁」が来ていました。今回の目的は、そ
のなみえ焼そば。駅前に車で到着して、目的のなみえ焼そばを早々に3パック(@400円)
ゲット。次に今まで躊躇していた本荘ハムフライ(@150円)を買ってみました。やっぱり
"ハムかつ"でした。同時開催の横手駅西口祭りの会場に行き、こちらでは、割烹が作って
いる本格的な「きりたんぽ鍋」を勉強のために購入(@500円)。きりたんぽは1/4しか入っ
ておらず、味もしみてなくって、ちょっとがっかり。せりも一つまみと値段の割には、と
思いましたが、鶏肉は比内地鶏を使っているようで、味がしっかりあり、びっくりしまし
た。

10月27日(土)
そろそろ黄色の食用菊がかなりの量、開花となってきましたので、本格的に収穫を行いま
した。本日の収穫は黄色の菊をバケツ一杯、紫色の菊もバケツ一杯。これだけの量を処理
するのには結構な手間がかかります。この時期、お越し頂いたお客様がいれば、夕食後の
お話の時間、話をしながら菊の解体作業を行っています。今まで何名かのお客様にこの解
体作業をお手伝い頂きました。ありがとうございました。黄色の菊はこれからが収穫の本
番で、霜が降りた後も収穫が出来ますので、まだ当分はお客様がお越しの際に、お話しの
時間でこの作業を行う可能性がありますので、たまたまその時に来られた方は、是非手伝
って頂ければと思います。

10月25日(木)
今日は雨が降っているものの、小降りになることがあり、いそいそと出動、昨日の続きで
木の枝打ち作業を行いました。昼過ぎに雨が激しくなり、作業は強制終了。枝打ちを終わ
った木は丸坊主で「棒」が立っているようです。そんな木が10本ちょっと出来上がりまし
た。この作業が終われば、植木に雪囲いを設置する作業となります。ここに移り住んで9
回目の冬を迎えることになりますが、その間植えた木もだいぶ育ってきており、当初作っ
た小さな雪囲いの出番が段々なくなってきています。それと同時に、今日枝打ちをしたよ
うな木は、もう雪囲いをしなくとも、大曲の深い雪に耐えられるだけの幹になってきてお
り、雪囲いも卒業する木が増えてきて、少しは作業量も減ってきているようです。

10月24日(水)
排水溝の工事もとりあえず最初のゴールに達したので、今日はほかの外仕事に着手しまし
た。時期的な優先順位を考え、本来、この時期に草刈りをやることは稀ですが、今年は9
月にサボってしまったので、この時期の草刈りとなりました。すでに枯れ始めている雑草
ですが、そのまま残しておくと立ち枯れになって春まで残ってしまいますし、雪の時期に
も目障りになるし、場所によってはこれから雪囲いを取り付ける際に邪魔になります。作
業2時間ほどで、必要な場所の大部分が終了。残りは今度は、植えてある木の枝が邪魔に
なってしまいました。木の枝も今年はサボリ気味でほとんど枝打ちをしなかったので、伸
び放題になってしまっていました。このため、草刈りにめどがついた段階から、今度は木
の枝打ちを開始しました。中途半端に枝を残しておくと、これからの雪の季節、枝が折れ
たり、木自体が曲がったりする恐れもあるし、元々大半の木が「雑木」ですので、思い切
って丸坊主にしてしまいました。落とした枝の処理もあるので、今日は数本で時間切れと
なりました。

10月23日(火)
ここのところ外作業中心に家の周りばかりいたので、悪天候の今日は気分転換で盛岡まで
ドライブしました。目的は特になかったのですが、一度だけ行ったことのある盛岡イオン
を目指しました。時間的にそんなに余裕はなかったので、イオンで昼食をして、買い物を
して帰ってきました。帰ってくる途中、仙岩トンネルの秋田県側にある峠の茶屋に立ち寄
り、おでんを買って帰ってきました。先日、長期滞在の韓国からのお客様におでんを出し
たところ、韓国にも「おでん」というものがあるとの話でした。その時に出したのは、ス
ーパーのレトルトおでんでしたので、次には、秋田でも有名なおでんを食べさせましょう
と約束したため、お土産に峠の茶屋のおでんを買ったわけです。韓国のおでんは、日本か
ら伝わったもので、日本のさつま揚げを「おでん」と呼び、他の具材をなべに入れて食べ
るそうですが、醤油を付けて食べるもので、だいぶ日本のおでんとは異なるようです。お
客様は、峠の茶屋のおでんをとても美味しいといって完食していただきました。

10月22日(月)
先月から手がけてきた敷地内の排水溝工事。かれこれ1ヶ月を過ぎてしまいました。それ
でも今朝の作業で、駐車場の奥まで到達して、最初の目標を達成しました。全長40m。昨
日は雨混じり、明日も雨の予報が出ており、今日が貴重な晴れ間。ということで、朝一番
で作業を開始し、セメント注入やら、U字溝の据え付けやらを行い、最後に、隣の水路に
落ちるようにT字にU字溝を並べ、完了となりました。これで、玄関前からの排水は設置
したU字溝を流れて駐車場奥から隣の水路に落ちるようになり、冬の消雪パイプの設置が
可能となりました。ただ、このT字のもう一端は、畑の奥から建物裏につながる部分で、
そちらのU字溝の設置作業はこれからとなります。こちらは、最初の直線距離で20mを超
え、建物裏も30mほどあり、長丁場となりますので、今年終わらなくとも、とも思ってい
ます。

10月21日(日)
今日は朝、雨が降っていて外作業もできないので、止んだ時間を見計らって食用菊の収穫
を行いました。紫の菊は、ぼちぼち最盛期を越え始めましたが、黄色の菊は、ようやくこ
れから本番を迎えそうです。摘み取りの作業は10分強で、紫色の食用菊をバケツ一杯、黄
色の食用菊はほんのわずかでしたが、初収穫となりました。これらの菊は、さっそく夜の
食卓を賑わせてくれました。今年は9月中旬まで暑く、稲刈りや紅葉が1週間から10日ほ
ど遅れが出ていますので、この影響なのか、当YHの畑でも例年収穫が終わっているナス
やトマトもまだ辛うじて収穫が続いており、霜が降りるまで収穫が続くシシトウとともに
夕食の食材となっています。

10月20日(土)
気がつけば既に10月も下旬になって来ました。週明け22日からは八幡平アスピーテライン
で、24日から鳥海山ブルーラインで夕方5時から朝8時まで冬季通行規制が始まります。
まだ紅葉の見頃情報がニュースで伝えられていますが、一方では着実に冬支度が始まって
います。先日朝、当YHから見えた鳥海山は山の上のほうが白くなっていました。調べて
みると今年は13日朝、鳥海山の初冠雪が確認されたとのことです。以前、来られるお客様
で八幡平で時間を取られて、夜間通行止めに引っかかり、鹿角経由で来ざる得なくなり、
夜遅くに到着というハプニングがありました。今の時期、秋田では夕方5時前には暗くな
ります。暗くなると一気に気温も下がり始めますので、特にバイクでこれから来ようと計
画されている方は、計画に余裕を持って、早めの到着時間を目指したほうが良さそうです。

10月19日(金)
先月から日記には排水溝工事のことばかりを書いていますが、作業が出来るのは雨の降っ
ていない日中に限られます。夕方からは一般のお客様や長期滞在のお客様の食事の用意が
ありますが、それが終われば一段落し、一般のお客様がない場合は自由時間となります。
9月上旬までに秋田、岩手の温泉データをまとめましたが、その後、この空き時間には青
森県の温泉データを調べていました。格闘1ヶ月ちょっとで、ようやくその青森県の温泉
データも一応まとまりがつき、食堂のデータファイルに追加し、名実ともに北東北三県の
温泉データファイルが完成しました。その青森県ですが、以前も書きましたが、温泉の数
がやたらと多く、データを集められただけでも700ヶ所近くあり、それ以外にもネットで
は情報が集まらないような場所もまだあるようでした。あとは、いずれ時間が出来た時に
フィールドワークとなりますが、いつになることやら。次のデータファイルとして、東北
4県の野湯を調べ始めています。こちらはかなりマニアックです。

10月18日(木)
昨日からの雨も夜半には上がり、重い体を引きづり今日も外作業。昨日までに今までU字
溝を据え付けた部分のセメント注入作業が終わりましたので、今日は新しくU字溝を据え
付ける作業。今までの場所は脇の水路拡張工事のの際に整地されていたので作業も楽でし
たが、今回は新しく掘る作業から開始。6mほどの長さの溝掘りに1時間。今までは片側
はセメントで覆われていたのですが、今日からの作業場所は両側が土になっています。そ
のため、水路側は従来どおり花壇ブロックで作り、反対側、駐車場の場所には水路にタイ
ヤが落ちるのを防ぐためと、水路を守るためにブロックを置くことにしました。U字溝を
据え付け、両側にブロックを置く作業を繰り返すこと1時間。今日は少し早めに作業を切
り上げました。

10月17日(水)
昨日、セメント注入作業が途中で終わった状態になったので、本日はその続きを行いまし
た。今晩から雨の予報で、途中までだと、そこから決壊する恐れがあるので、雨の直前で
すが、それまでの時間でどこまで乾くか勝負です。作業2時間、U字溝を据え付けた場所
まで、セメントで固めることが出来ました。工事が終わったところも、結構綺麗に出来た
ようです。夕方からの雨で、今までセメントで固めた部分の結果が見えました。残念なが
ら玄関前に一ヶ所、水が溜まる原因の場所が発見されましたが、駐車場沿いの部分は予想
以上に勢い良く水が流れ、その流れは端まで達しており、駐車場奥の部分はうまく出来た
ようです。

10月16日(火)
本日は快晴で、朝8時半から作業開始。明日夜からの雨に備えて、今まで据え付けてきた
U字溝のセメント塗り作業の2日目となりました。玄関前の直線部分が終わったので、本
日は2ヶ所の曲がり角を含む部分。先日行った際に、継ぎ目がどうもうまくいかなかった
ので、今日は廃材を切って、簡単な型枠を作ってみました。これを応用して曲がり角も型
枠を設置。こんな程度の型枠でも、結構いい感じになるものです。3時間の作業で、駐車
場の1/3までセメント塗りが完了。一部駐車場のコンクリートが剥がれていた部分もぬり
なおしたため、あまり距離を稼げませんでした。プロの職人さんなら、1日フルで作業で
きるので、あと1日か2日で終わるのでしょうが、2足のワラジのため、どうしても時間
がかかります。

10月15日(月)
昨日も引き続き、駐車場沿いの排水溝の据付工事。明朝の雨もあがり、8時過ぎにホーム
センターでU字溝を調達。先日のセメント塗りで継ぎ目は面倒なことが再確認されたので
直線で長めのU字溝がやっぱりいいようです。このため、今回は1mのものを6本、いつ
もの60cmのものを在庫すべて(6本)購入してきました。9時過ぎから据付作業に取り掛
かりました。どうにか、第4コーナーを曲がり、ゴールまであと6mというところで時間
切れとなりました。朝方の雨で、玄関前のU字溝の成果がわかりました。一部で水が溜ま
っており、どうも勾配がうまく付かなかった部分が出来てしまったようです。それでも降
雪時の消雪パイプの水は量が多く、問題なしかと考えています。

10月14日(日)
今日は久しぶりに快晴とのこと。長期滞在のお客様の朝食を8時に出してすぐ、外作業開
始。朝まで雨が降っていて、少し乾くのを待つ必要があったので、2時間ほどは昨日の続
きのU字溝の据え付け作業。今日の場所は、地面がやわらかかったので作業が進み、U字
溝の据え付けもだいぶ進みました。10時を廻って、セメントを入れる作業に切り替え。バ
ケツにセメントと砂と水を入れ、かき回せ、正確にはモルタルを作り、それを玄関前のU
字溝と路面の間や、U字溝の継ぎ目に埋め込んで、均す作業。何度もセメントを作る必要
もあり、思った以上に時間がかかり、玄関前の直線部分だけで4時間。ここまでで、とり
あえず、本日の作業を切り上げました。明日は明け方、雨の予報。セメントが乾かない間
の雨は心配だし、つなぎ目が埋まっていない部分があるので、そこがどうなるかです。

10月13日(土)
今日は、予報では午前中に雨が上がるとのことでしたが、降ったりやんだり。この天気が
続くとのことなので、朝一番で雨カッパを購入してきて、雨天工事決行。今日は奥の駐車
場沿いの側溝取り付け。先日、曲がり角の部分を据え付けたのですが、どうも位置が気に
食わず、その部分のやり直し作業からスタート。このU字溝から駐車場の端まで直線が続
くので、最初が肝心です。時々雨が降ってきて、一応対策はしているものの、その際には
一休みする形で作業2時間。60cmのU字溝を6本据え付けました。脇には花壇ブロックと
その先には車が当たって花壇ブロックの被害が少しでも減ればと、更にはドブに土が少し
でも流れ出ないように、また、実は大量に余っているからと、いくつもの理由から、コン
クリートブロックを横に並べてみました。予報では明日は晴れ。今までU字溝を据え付け
た部分のセメント注入作業をやろうかと思っています。

10月11日(木)
本日も外作業の続き。昨日玄関前のU事項の据付が終わったので、今日は奥の駐車場の入
口部分の曲がり角2ヶ所を含む部分のU字溝の据付を行いました。今までは直線だったの
で単純作業の繰り返しでしたが、この曲がり角はクセモノです。U字溝のパーツは、まっ
すぐなものしかなく、曲がり角は自分でセメントを固めて作る形になるため、既成のU字
溝をどううまく使うかが肝心です。セメントで固める部分は、後日まとめて処理する形に
なるので、今日のところはこんな感じだろうという程度で済ませました。もう一つの問題
は、玄関前は最後の長さの調節が道路に近い部分を掘って延ばすことで問題なく処理でき
ましたが、ここからは、最初と最後の場所が決まっているので、その長さに合わせて、60
cmと1mのU字溝をどのように組み合わせて、長さを調節するかです。最初に長さを計っ
て組み合わせを考え、継ぎ目を少し広くするなどで、なんとかいい感じの長さに調節する
ことが出来ました。最後に駐車場に沿った部分を据え付けて本日の作業が終わりましたが
どうも最後のU字溝の位置が気に食わないまま、終わってしまいました。

10月10日(水)
昨日の外作業でゴールが見えましたので、本日は気合が入り、朝8時から作業スタート。
ここには以前の排水溝があり、少し傾きを直すだけなので比較的作業は簡単でした。この
ため3時間ほどの作業で、とりあえず玄関前は端まで到達、当面の目標の一つは達成しま
した。この玄関前は、お客様が来られた時に必ず目にする部分だったので、出来るだけ早
く終わらせる必要がありました。本当はセメントで間を埋めるところまで本日、やりたか
ったのですが、天気予報では明日から雨交じりの天気になるとのこと。時間的にも微妙だ
ったので、本日はここで切り上げました。これからは、今回作業した手前から駐車場奥に
延びる部分の設置となります。まだまだ10m以上あありますので、もう少し作業が続きま
す。

10月9日(火)
3連休も終わり、長期滞在のお客さんはいるものの、これで一段落このタイミングで、本
日は、事務室(私の部屋)の畳替えを行いました。朝9時前に業者が取り来て、部屋に居
られないので10時過ぎからは、一週間ぶりの外作業。そんなに時間もなかったため、Tm
のU字溝を3本設置して時間切れとなりました。玄関前の排水溝もあと5mほどになり、
ゴールが見えてきました。午後、畳が綺麗になって戻ってきてからは、事務所の現状復帰
作業となりました。年末に大掃除というが一般的ですが、年末は寒さや雪で窓を開け放せ
ないことや、冬休みのお客様でそこそこ忙しいので、ここ数年、この時期に事務室の大掃
除を行うことが恒例になってきました。本日畳替えのついでに室内の大掃除も行ってしま
いました。こういう状態で長期滞在のお客様の夕食を支度するのも大変なので、本日は、
恒例の歓迎会兼激励会でいつもの回転寿司店に夕方出向きました。

10月8日(月)
昨晩の天気予報で今朝の気温は9℃まで下がるとのことで、食後のお話しタイムが終了し
て、寝静まった12時過ぎ、朝食に備えて、慌てて食堂のストーブの試し炊きを決行しまし
た。そして、今朝の最低気温は、予報を下回る6℃。もちろん朝食時に今季初のストーブ
始動となりました。寒い中での食事は、どんなに豪華なものを提供しても美味しく感じま
せんので。寒くなってきてから行うのが、食用菊の収穫です。本日、先に咲いている紫色
の食用菊、もってのほかの初収穫となりました。3年前にに2本購入してきたもので、毎
年株分けして、ようやく今年は一畝分になりました。初日の収穫は、バケツ1杯分。分解
して、洗って、茹でて、一食分ずつ小分けにして冷凍保存します。黄色の菊は、暖かかっ
たためか、例年以上に背丈が伸びており、今年も大量収穫になりそうです。

10月6日(土)
例年ですと、そろそろ寒さで収穫もシシトウと食用菊がメインになる当YHの畑ですが、
今年は9月中旬まで暖かかったせいか、まだトマトやナスが収穫できてきます。ミニトマ
トは、かなり実が割れてしまって、使い物にならないものも増えていますが、それでも、
探してみたら思った以上に収穫でき、食べてみても、十分問題ありませんでした。ナスは
9月に食べ切れなかった実がそのまま腐ってしまいましたが、その代わりにまだ新しい実
が大きく育っており、今時分のお客様の夕食には十分に間に合うだけの収穫があります。
今週中頃からは、当YHでも食事で新米を提供し始めており、通常よりも少し多めに炊く
ようにしています。今年は思わぬ「収穫の秋」となっていきました。

10月5日(金)
先月から平日限定で長期滞在していた大学生の女の子と、今週頭から4連泊で短期のヘル
パーをしてくれた女の子は、今朝乗り合わせて出発しました。そして、ここ4年ほどオフ
シーズンに来られる韓国からの長期滞在のお客様が入れ替わるように、昨晩、到着しまし
た。今回(シーズン3)は、クリスマス前までの2ヶ月半の長期滞在の予定です。今まで
は若い女性の滞在でしたので、華やいだ雰囲気でしたが、一転して「燻し銀」の大曲YH
となりそうです。明日から今年最後の繁忙期とも云える3連休。11月、12月にも連休はあ
りますが、雪のシーズンとなりますので、多くのお客様が来て頂けるとは考えにくく、次
に賑わうのは、例年、クリスマス以降の年末年始になります。今年は紅葉も微妙な状況の
ようですので、多くのお客様は期待できないようです。ということで、大曲YHは年末ま
で長期滞在のお客様がいますので、余程のことがなければ、いつでも飛び込みOKです。
ただ、夕食の提供については、当日昼までにご連絡ください。

10月4日(木)
昨日から妙齢な女性が手伝ってくれているので、今日は、外仕事をお休みして、家の中の
細々とした作業を行いました。今晩から来るいつもの長期滞在のお客さんの部屋の模様替
えをしながら、ヘルパーさんには、一階の掃除を依頼。思ったより掃除が早く終わったの
で、この夏に大活躍した扇風機たちの掃除を頼みました。使用頻度により汚れ方はまちま
ちでしたが、しまう時に掃除をしておけば、来年夏に暑くなって慌てて出す時にも、すぐ
に使うことが出来て、大助かりです。数えたら11台ありました。明日、ゴミ袋を掛けて、
押入れに仕舞います。これで夏もおしまいです。次は、連休明けに、ガス屋さんを呼んで
早くもストーブの試し炊きになります。

10月3日(水)
今日から手伝いになった女性には、午前中3時間ほど、草むしりやら駐車場の掃除をお願
いしました。そのお礼という形で、昼食を兼ねて横手観光。せっかく横手に来たのだから
と、前回は定休日だった「福龍」にて横手焼そば(550円)の昼食。ついでに、かまくら
館で本物(?)のかまくらを見学。その後、作業後すぐに来たので、風呂代わりに温泉で
立寄り湯。今回は私も未経験だった「かんぽの宿横手」をチョイス(入浴料450円)。ナ
トリウムー塩化物塩泉でpH8.5。源泉29.6℃なので、加温はもちろん、循環、消毒あり。
無臭(弱消毒臭)、無色、そして食塩泉ならが無味というとってもさっぱり。露天風呂も
ありますが、近くで養蜂場があるため、ネットで覆われた変な感じの露天になっていまし
た。それでも、作業後のシャワー代わりには十分な風呂でした。2時間ほど、駆け足での
観光で、なおかつ大半が車の中からの街の説明でしたが、横手の街が気に入ったみたいで
明日午後の自由時間に、自分でもう一度、行ってみるとのことでした。

10月2日(火)
昨日は遊びに行ったし、台風も過ぎ去ったので、今日から外作業再開。先日まで裏の排水
溝の設置を行っていましたが、玄関前のコンクリートをプロの方が除去してくれたので、
優先順位が上の、玄関前の排水溝の設置作業に着手。コンクリートを剥ぎ取る時に、底も
均してくれていたので、U字溝を置いて、水平を確認するだけなので、裏の作業よりも楽
が出来、作業2時間ほどで、だいぶ捗りました。何とか今月の前半で、この土木作業に目
処を付けたいところです。月後半は、早くも植木などの雪対策を始める必要がでるから。
なお、昨日から宿泊の女性が数日間、短期ヘルパーとして明日から当YHの仕事を手伝っ
て頂けることになりました。細々した仕事が溜まっていたので、助かります

10月1日(月)
今日は久々に近場に出掛けてみました。最初の目的地は、同じ市内の温泉施設ユメリア。
でも目的は温泉ではなく、この街に住んでいる秋田で一番の有名人(?)、柳葉敏郎さん
の関係資料の展示室、「ギバちゃんの部屋」です。オープンの頃にもらったパンフレット
がなくなったため、補充が目的でしたが、既にパンフレットは今はないとのこと。残念!
施設の入口には、ギバちゃんが提供したレンタサイクルの案内。こういう形でも街に貢献
しているようです。次に立寄った道の駅協和では、大仙市名物(?)の食用ウサギの肉が
ありました。。100gあたり300円強と少しお高めですが、まんざらでもない味なんです。
今月中旬には、本場中仙で、ジャンボウサギ祭りがあります。最後の目的地が温泉で、今
回はからまつ山荘(唐松温泉)にしました。ここは昨年の3月の大震災の2週間後にいち
早くつぶれてしまった温泉施設。その後、別な方が買い取り(引き取り?)、半年後に再
開しました。今回は、その再開後、初めての訪問。温泉は、以前とほとんど変わりません
でしたが、いいお風呂で、もちろん貸切で入浴。内風呂1、露天3、釜(蒸し)風呂1。
内風呂は湯温が高めの掛け流し。露天は、(ほぼ)水風呂とぬる湯、熱め湯の3つ。入浴
料400円、ナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉。源泉51.3℃ pH8.8。日帰り入浴8時〜20
時。定休日なしです。

9月30日(日)
本日は、台風襲来前の晴れ間ということで、土木作業の延長戦。裏の排水溝をさらに60cm
×5本、延長しました。これで一昨日からの作業で、裏には11本、計7m弱の排水溝が出
来、浄化槽のコンクリート脇がほぼ終わりました。この先は、両側土になっているので、
建物手前側をどう処理するか、検討中です。雨が降る前に、ホームセンターの間を2往復
して、今後使う予定のU字溝を16本を購入。他にも本格的に重いものを運ぶことになるの
で、数年間パンクしたままで使用していた一輪車のタイヤ交換も行いました。これでブロ
ックやU字溝などの重いものも楽に運べそうです。作業をやめて、少しして、急な雨。ま
だ間をコンクリートで埋めてはいないので、激しい雨でU字溝の下の砂が流れて、U字溝
が傾かないか、心配です。また今晩から明朝にかけて本州を通過する台風の影響が気がか
りです。

9月29日(土)
先日、依頼していた大工さんが来てくれました。玄関前の排水溝の設置部分の下にあるコ
ンクリートの除去のためです。2時間ほどで排水溝を入れる予定の場所のコンクリートが
なくなりました。さすがに専用のコンクリートハンマーの威力は絶大です。今回、使い方
を間近で見ることができたので、次回からは自分でも出来そうです。機械は大工さんが空
いている時には貸してくれるそうです。ついでに、持ってきていた電動グラインダーの使
い方を教えてもらい、U字溝の一部の切断に挑戦しました。ここは、排水溝の角の曲がり
部分で必要になるためです。粉塗れになることがわかりましたが、何とか素人でも出来る
ようで、終わった後、ホームセンターにて電動グラインダーを購入しました。明日以降、
この玄関前の排水溝の設置作業が開始となります。こっちは裏の駐車場沿いと違って、既
に掘ってあるので、少しは楽が出来そうです。

9月28日(金)
今日は、天気もまずまずだったので、先日の続きの土木工事。玄関前のU字溝の設置の前
に、練習として裏の駐車場に設置してみることにしました。ここも冬になると、消雪パイ
プで水を流すので、排水溝が必要で、昨年は、初雪の後、あわてて溝を掘った場所です。
昨年の素掘りの溝の跡があるし、道路手前は浄化槽のコンクリートがあるので、場所的に
はわかりやすくなっています。溝を再び掘りなおして、底を均して、U字溝を置き、水平
をとってという作業を繰り返します。昨年、掘った時に土を積み上げてしまったので、駐
車場側が少し高くなってしまっており、雨が降ると土が流れる可能性があったので、数年
前にコンテナで「大人買い」した花壇ブロックをその縁におくことにしました。U字溝6
本を入れるのに3時間もかかってしまいました。これで、全体の1/5程度ですので、まだ
だいぶかかりそうです。ある程度終わったら、浄化槽のコンクリートとの間をセメントで
埋めて完成となります。タイムリミットは雪が降るまで。それまで時間を掛けてコツコツ
とやる予定です。

9月27日(木)
昨日までの土木工事は、大工さんの到着待ちとなりましたので、今日は、雑草の処理。週
末から雨の予報になっているので、今日中に除草剤を撒く必要がありました。そうすれば
10月の連休に少しは来て頂けるお客様に裏の駐車場を使って頂くことが出来るからです。
更に、今の時期にやっておけば、来春には少しは楽になるようですし、これからの雪の時
期。雪かきのときに枯れた雑草は邪魔になります。裏の駐車場の除草剤散布に1時間半ほ
ど。そのあと、まだ時間もあったので、とっても気になっていた玄関脇の草むしり。ずっ
とやっていなかったので、かなり遣り甲斐がありました。今回ももう一声というところで
時間切れになりましたが、かなり綺麗にはなりました。それにしてもドクダミのよく伸び
ること。この時期の雑草処理もあとは裏の農道沿いと杉林廻りを残すだけになりました。

9月26日(水)
本日も玄関前のコンクリートの破砕作業。一昨日、タガネでの作業で挫折し、今日は電動
ドリルでコンクリートの粉砕を試みました。でも、ドリルの効果はほとんどなく、ドリル
で穴を開けても、結局はタガネのお世話になることになり、1時間ほどで挫折。次の手段
としては、プロにお願いするか、その作業を自分でやるかです。電動コンクリートハンマ
ーはホームセンターでレンタルできます。でも、1月の雪下ろしの失敗で学んだ、「無理
なことはプロに任せる」ということを思い出し、工事の見積もりを出してもらうことにし
ました。ということでコンクリート除去作業は後回しにして、その先の発掘作業に着手。
長さ3mほどの排水溝を入れる場所の穴掘りに1時間半ほど。またも大きな岩と昔のブロ
ックが出てきました。この下にもコンクリートがあることが確認され、ここもプロに発注
することになりそうです。

9月24日(月)
昨日、発掘作業が終わりましたが、U字溝を入れる予定の場所には、下にコンクリートが
敷いてありました。これが曲者で、U字溝を入れるのに必要な深さがあと3cmほど取れな
いのです。このため、今日はこのコンクリートを撤去する作業。昨日の夕方、ホームセン
ターに行き、ハンマーでたたくためのタガネ(鏨)を購入してきました。本当は電動(デ
ィスク)グラインダーを購入しようかとも思いましたが、在庫がありませんでした。とい
うことで、本日はタガネでカンコンとコンクリートを粉砕。ただ、3時間ほどで、1m進
んだかどうか。もろくなっている場所もありましがた、まだ強度が残っているところでは
全然進まないことも度々。それに、タガネをハンマー(金槌)で打つ時に、間違えて左手
の人差し指やら親指を何度もたたいてしまい、連日の作業には向かないことがわかりまし
た。それにしても昔の鉱山やトンネル工事って、こうやって掘っていたんだなぁと、くだ
らない事も考えてしまいました。今日の反省から、明日は、電動インパクトドリルにコン
クリート用穴あけを付けて、掘ってみます。

9月23日(日)
昨日までで畑方面の作業で急ぎのものが終わりましたので、今日から、優先順位が高い庭
の土木工事を開始しました。この春、家の前の排水溝の工事があり、それに伴うもので、
今まで玄関前に落としていたうちの排水を、駐車場の先まで持っていく必要が出たためで
す。数年前に、入口から20mほど、U字溝を入れたものを一度取り出して、傾斜を変える
必要があるのと、途中で切れていたU字溝を駐車場の奥までの延ばす工事。まず、初日は
新しくU字溝を入れる部分の発掘作業。ここには前の住人が花壇にするため、石積みをし
ていた場所。距離的には5mもありませんが、積んであった石は辛うじて一人で動かせる
大きさ。一つ動かすのに、ヒィヒィ云いながらの作業となりました。駐車場へのコンクリ
ートの端まで掘って、昨日は作業終了となりました。

9月22日(土)
本来、昨日行うはずだった食用菊の手入れを本日は行いました。来月には収穫を迎える予
定ですが、夏前に支柱を立てて、その後放置していたので、勝手気ままに伸びてしまいま
した。特に紫の「もってのほか」はまだ茎が細いので、L字型に伸びたものが多く、これ
では花が咲いても、一雨降れば泥にまみれてしまいます。7月に1段目まで支柱を入れた
ので、今回もって菊には2段目。でも、作業していたら、それ以上に伸びていたので、3
段目も装着。隣の黄色菊も3段目を装着し、1段目を梯子ごと強引に2段目に上げてみま
した。ちなみに写真手前が紫色菊で、奥が黄色菊。強引にL字になっていたのを伸ばした
ので、咲き始めそうな蕾が一部でそっぽを向きました。でも、収穫までになんとか上を向
いてくれることでしょう。ちなみに、早いものではつぼみに色がつき始めました。昨年の
収穫開始が10月15日。一昨年が10月8日でしたので、今年は暑かったせいか、少し早めに
なりそうです。毎年大量収穫の黄色菊は、例年、紫色菊から2週間以上遅れますので、ま
だ蕾は硬い状態です。10月早々には紫色菊の収穫が始まりそうです。

9月21日(金)
昨日から秋らしい涼しい気候に急になりましたので、引き続き畑の面倒を今日もみること
にしました。ただ、その前に畑のアゼ道の雑草が結構な勢いで伸びてしまい、それがとて
も気になってしまったので、草刈り機を持ち出して、軽い気持ちでアゼだけ草刈りをしよ
うと着手。アゼの部分は10分ほどで終わったのですが、その先の畑の奥の雑草が気になり
はじめ、ついついそっちまでやってしまいました。本気で草刈りをする際には、ズボンの
汚れ防止にゴムのエプロンを付けて行うのですが、軽い気持ちで始めたので、本日はエプ
ロンなし。1時間半ほどの作業が終わり、見ればズボンは泥だらけ。この1月、軽い気持
ちで屋根に登ったら、落ちてやっかいなことになったので、軽い気持ちで始めるもんでは
ないと、心に決めていたのですが、ついつい。その代わり、畑の奥の空き地の草刈りの6
割ほどが終了です。ここの草刈りもいずれやらなくてはいけなかったので、まあ、これは
これで良しとしましょう。

9月20日(木)
ようやく今日から本来の9月らしい涼しさになってきて、昨日のキュウリに続いて今日は
シシトウが鈴なりになってしまったので、収穫。たった1週間ほど放置しただけなのに、
バケツ2杯分も採れてしまいました。これからのお客様に夕食で提供する予定ですが、週
過ぎれば、10月の連休まではお客様もそう多くなさそうですので、来て頂くお客様には申
し訳ありませんが、たっぷりシシトウが出てくると思っていてください。またご希望があ
れば袋に入れますので、お好きなだけお持ち帰りください。これだけ収穫したシシトウで
すが、まだ木にだいぶ残ってしまっています。シシトウは受粉しなくとも、花が咲けばす
べて実がなるという、とても便利が野菜で、今年の夏の暑さはぴったりだったようです。
また、晩秋、霜が降りる11月上旬まで収穫が続き、当YHで育てている野菜の中では、一
番遅い時期まで収穫の出来る野菜です。

9月19日(水)
昨日の最高気温が35.3℃、一昨日も31.9℃と、過去に例を見ない高温が続いた9月。今日
も午前中は時々太陽が出て、気温は30℃を超えるまで上昇。それでも、午後から雨が降り
始め、気温は一気に下がり、明日の予報は最高気温で25℃。明後日以降は最高27℃/最低
17℃と、ようやくこの時期らしい気温で推移する予報。完全に1ヶ月ずれてしまっている
ような気もしますが、それでも、涼しくなるのは何よりです。なんとか、今年も夏を乗り
切れたのかなと、気候的にはほっと一息つける状態で、少し喜んでいます。さて、今まで
暑さを言い訳にサボってきた外作業も、そろそろ再開しないと、冬になってしまいそうで
す。7月以降、溜めてしまったやることを、少しずつこなさないといけません。今日の午
後には30分ほど、既に収穫が終わり、枯れてしまったキュウリの枯れ枝除去の作業。残っ
たジャンボキュウリは足元に落としたまま、放置となっています。ついでにトマトをバケ
ツ半分近く収穫しました。

9月18日(火)
今年は夏の日照時間が多めだったため、例年よりも少し早めの稲刈りが始まりました。明
日以降、雨の予報が出ているので、時期はずれの炎天下の中での稲刈りとなっているよう
です。そのため、当YHの近くの田園地帯でも、コンバインが走り回ったり、それを牽引
するトラクターが目立つようになって来ました。これらの農耕車の一部はナンバーがない
ものもありますし、中には車のような任意保険に入っていない車両もあります。運転して
いる方が年配の方もいますし、車両牽引は年に数度のため慣れていないこともあります。
このため、事故の危険が高まっており、もし事故を起こすと面倒なことになりますので、
車でこの時期来られる方は、くれぐれもお気をつけてお越しください。

9月17日(月)
本日も新聞から数字を一つ。昨日の日記では夏祭りは来場者数が増えたと書きましたが、
一方、観光庁発表の秋田県の4〜6月の県内宿泊者数を見ると、昨年3月の大震災後の昨
年と比べると13%増加となったものの、大震災前の一昨年(2010年)と比べると24%の大
幅減となったそうです。これは全国で奈良県に次ぐ2番目の減少幅。昨年奈良県では平城
遷都の祭りがあった反動とのことですが、秋田県も一昨年は韓国ドラマのロケ地見学ツア
ーがあった反動とのこと。今回の統計調査で見ても、東北6県では、被災地の太平洋側と
日本海側ではその傾向に大きな違いが出ています。復興工事等が続く太平洋側の3県(福
島・宮城・岩手)は11年比減となっていますが、10年比では増加となり、震災前の水準を
クリア。一方、日本海側3件(山形、秋田、青森)では昨年を上回っているものの、震災
前の10年の水準を下回ったままです。観光目的での宿泊は、東北6県ともにまだ震災前の
水準には達していませんが、その減少率も秋田県は50%前後の減少がこの3ヶ月の間も続
いており、原発の影響が大きい福島県(3ヶ月平均30%弱減)と比べても際立って大きな
減少となっています。特に夏が終わったこれからの時期、東北、特に秋田に来て頂ける機
会がめっきり減りますので、是非お越しください。

9月16日(日)
今年の秋田の夏祭りの来場者数は、東日本大震災で減少した昨年に比べて1割ほど増加し
たとのこと。最も多くの来場者があった竿灯まつりが139万人と7%増、次が大曲の花火
で2012年は76万人、昨年比で8%の増加(+6万人)だったそうです。増加率でみると、
羽後町でお盆最後に行われる西馬音内盆踊りが前年比3倍の13万人弱となり、富山のおわ
ら風の盆に似ていることから、近年注目度が高まっているいることを裏付けているようで
す。それにしても、竿灯まつりが3日のの合計で、1日平均では50万人弱なのに対して、
大曲の花火は一晩だけで76万人もあり、言い換えれば秋田で最大の祭りとも言えるようで
す。ちなみに、調査を行った日銀秋田支店の分析に寄れば、来場者数が増えたのは、カレ
ンダー的に良かったこと、震災後の観光自粛ムードが払拭されたこと、東北観光博などの
キャンペーン効果、食や音楽などの関連イベントとの相乗効果、などを挙げています。

9月15日(土)
既に9月も中旬。もうすぐ秋分になるというのに、今日の大曲の最高気温は32.3℃。9月
は15日のうち、最高気温30℃を越えたのが10日もあり、ほとんど8月の気温状態。ほんと
うならこの時期、最低気温も20℃を下回り、一息つけるところなのですが、今年は、20℃
を下回るかどうかといったところまでしか下がらず。夏バテというのは、涼しくなって暑
い時の疲れが出ることを通常は称しているのでしょうが、まだ涼しくなっていませんので
疲れが溜まった?いつもなら9月に入ると、夏メニューから通常メニューに変えるのに今
年はまだ夏メニュー続行中。本日、お客さんに紅葉のことを聞かれましたが、今年は、例
年の紅葉のスケジュールとは大きくかけ離れるのでしょうか?それよりも、冬には大雪に
なるのかな?扇風機がまだ現役で活躍中ですが、休むことなくストーブになるの?などと
いつもとは違う状況に戸惑っています。明日は田沢湖マラソンです。明朝6時に出発する
お客さんもいらっしゃいます。また大会に合わせて田沢湖周辺では交通規制が行われます
ので、近くに観光をお考えの方はお気をつけください。

9月14日(金)
先日の夏油温泉の骨休めも終わったので、今日は近場の温泉を目指しました。秋田市に出
かける用事があったので、その帰り道、河辺の奥にある岩見温泉に入浴してきました。以
前にも一度来たことはありましたが、その際には入浴は出来ませんでした。ここは元々自
然休暇村管理センターだった施設で、かなり年季が入っています。風呂は茶褐色の食塩泉
で、残念ながら循環は廻っていますが、掛け流し。少し湯船はヌルメでしたが、まずまず
のお湯でした。観光客が行く温泉というよりは、地元の方が銭湯代わりに使っている温泉
です。近くにはこれからの紅葉の季節には綺麗になる岨谷峡(そやきょう)もあります。
ここは角館の抱き返り渓谷同様、全国的な知名度は低いですが、地元では有名な紅葉の名
所です。

9月13日(木)
実は、今週初めから新しい長期滞在のお客様が来ています。今回は大学生の方で近くで実
地研究があるため、今月いっぱいの平日のみの宿泊ということです。先月下旬の大曲の花
火の前後に少し休みの日がありましたが、なんだかんだ云って2月中旬からお客様が切れ
ない状態が続いており、ご利用頂いているお客様には感謝です。この後も、今の長期滞在
のお客様が帰られるのと入れ替わりに、韓国からいつも来て頂いているビジネスのお客様
が来られる予定になっていますし、そのお客様は、クリスマス前までの3ヶ月弱の予定で
す。クリスマス以降は冬休み、年末年始の一般のお客様が来られることになると思います
ので、経営的には非常に助かりますが、一方で私の長期休暇は、年内はお預け状態という
ことになりそうです。

9月12日(水)
一昨日の夏油元湯。露天からあがってきたのが12時半。内湯の一つの「白猿の湯」が13時
から清掃時間に入るとのことだったので、休むまもなく内湯に直行。白猿の湯は、内湯と
いうこともあってか、誰もおらず貸切での入浴となりました。ここは他の湯と異なり、カ
ルシウム分が強いお湯で、湯口や湯船の掛け流し口がカルシウム分の付着で白くなってお
り、それが白猿に見えたのかと、勝手に考えていました。他の湯とは匂いも別なものでし
た。あがってから、最後の内湯「小天狗の湯」の清掃が13時で終わるまで、大広間でしば
しの休憩。13時になり、「小天狗の湯」も清掃が終わり、入浴。ここは適温の41℃で、湯
船が黒で統一されたちょっとおしゃれな風呂。浴室内の床は、堆積物で段々になっている
感じでしたが、どうもお湯の成分がそんなに強そうに思えず、もしかしたら造り物?など
と勘ぐってしまいました。これで、元湯夏油の7つの湯のうち、入れる6湯入浴済みとな
り、一応、完全制覇となりました。それにしても同じ施設内ながらも、6つの湯のハシゴ
は強烈でした。

9月11日(火)
昨日の夏油元湯。宿舎街で一息つき、入浴第2回戦。川に下りていくと、そこには露天の
「真湯」と「目の湯」があります。まずは大湯と同じほどの大きさの「真湯」に。湯温は
42℃ほどと適温。源泉はすぐ脇に2つあり、1つは金気臭のお湯、もう1つは硫黄臭のし
ょっぱいお湯で、それが浴槽内で合わさっていました。既にここで3湯目となっており、
ちょっと浸かってから、またタオルで前を隠すだけの格好で隣の川にかかる橋を渡り、目
の湯に。ここは先ほどの疝気の湯ほどの湯船で、湯温は一番ヌルメの38℃ほど。茹りかけ
ていたので調度よかったのですが、長湯は危険とほどほどに退散。1つは女性専用で入れ
ませんでしたが、元湯夏油の露天4つは制覇。残るは、内湯2つとなりました。

9月10日(月)
本日は、岩手県南で有数の秘湯、夏油温泉まで足を延ばしてみました。家から下道で2時
間ほどで到着。噂通りの秘湯でした。湯治の宿なので、宿舎の行列。その奥に露天風呂が
並んでいます。まず目指したのが、宿の人が一押し、一番奥にある「大湯」。その手前、
「滝の湯」は女性専用の内風呂。ここは入れませんので、素通りでその先の大湯。でも今
日は熱すぎて入れないとのことで、「疝気の湯」で最初の入浴。疝気の湯は少しヌルメの
40℃ほど。金気臭のある湯で、足元源泉も確認。せっかくだからと服を着ないまま、大湯
に行き、入浴に挑戦。今日の大湯は50℃近いお湯で、気合で入ってみましたが、10秒とも
たず、2度の挑戦で、足が真っ赤になりました。でも湯が一番硫黄臭いということだけは
わかりました。また舐めてみたら、かなりのしょっぱさ。とりあえず、奥の2湯を攻略し
て、一度宿舎街まで上がり、一休みとなりました。

9月9日(日)
時間が出来た時に出来るだけ出かけるように心がけていますので、本日は日本海まで出か
けてきました。やっぱり海はいいです。のんびり砂浜を歩いたりしていると、あっという
間に時間が過ぎてしまいます。訪れた浜は道の駅岩城の近くで、川の河口にもなっていて
すぐ脇には「鮭、年中禁猟」という看板が立っていました。時期的にもうちょっと後だっ
たら、ここで遡上を開始する鮭が見られたのかなと。立寄った道の駅岩城のすぐ脇には島
式漁港公園「岩城アイランドパーク」というのがあり、初めてその中まで車を乗り入れて
みました。人工的に作った漁港で、四方がテトラポットに囲まれています。留まっている
漁船はわずかで、これだけのものを作るのに幾らかかっただろう、なんて無粋なことを考
えてしまいました。漁港の堤防では、多くの方が釣りを楽しんでおり、手軽な釣り公園の
ようになっていました。

9月8日(土)
先日、秋田、岩手の温泉データベースを整理しましたが、それ以降、暇を見ては青森県の
温泉をネットで調査しています。秋田県で400ヶ所、岩手内陸で300ヶ所でしたので、青森
もそんなもんだろうと思ったら、既に500ヶ所を軽く超過。いったい青森県の日帰り入浴
はどれだけあるのでしょうか?青森県も特に西側、八戸、十和田周辺には、聞いてはいま
したが。いわゆる共同浴場や温泉銭湯がかなりの数あるようです。現在、岩手県内陸部を
重点的にフィールドワークしていますし、青森県は秋田県北を越えていかなくてはならな
いので、なかなか実際に廻ってみるというのは、現実問題として厳しい面があります。こ
のため、実際に入った感想を聞かれると厳しそうですが、場所などはなんとかお話し出来
るようにはしたいと思っています。それでも、注目される温泉については、いずれ時間を
作って行ってみるつもりです。

9月7日(金)
今日はお客様のたってのリクエストで、夕食後、温泉ツアーとなりました。少し遅めの出
発となったため、行った先は24時まで入浴可能な近くの西遊喜でした。このところ温泉は
度々出かけていますが、この近場の温泉は実は正月以来の入浴となりました。本来、当Y
Hでツアーを行うのは、お客様が少なくなる11月から4月で、今の時期、ツアーは基本的
に行っていません。それでもリクエストがあって、諸々の状況がOKであれば、対応する
ようにしています。その場合、当日その場で言われても厳しいことがありますので、事前
に予約の際に言って頂けると、こちらも余裕をもって対応できるかと思います。なお、次
のツアーの予定は、14日の神岡花火大会、来月20日(頃)のジャンボうさぎフェスティバ
ルの予定です。

9月6日(木)
先日、イオンが秋田市の北部田園地帯に新しい商業拠点を計画しているというニュースが
秋田の地元新聞の一面を飾りました。2016年頃のオープンを予定しており、施設にはショ
ッピングセンターに加えて、温泉施設や農業体験エリアなどを備えた大きなもので、近隣
からの買い物客だけでなく中長距離からの観光客もターゲットに想定したものとのこと。
秋田市には、秋田駅から離れた御所野に大きなイオンが既にあり、そのイオンが出来た際
にも人の流れが大きく変わり、駐車場の面などもあって駅前に人が集まりにくくなってい
ました。それに対して駅前地域の再活性化を図るため、駅近くに今年新しく商業地区がオ
ープンし、来年には新しい美術館を作って、駅前に賑わいを取り戻す計画です。でも、北
部に更に大きなイオンが出来ることで、駅前の活性化が一段と厳しくなりそうです。駅前
活性化を図ろうとした人々は、どうしてこうした計画を取り込もうとしなかったのでしょ
うか、とても疑問です。

9月5日(水)
本日は、先月中旬から数えて19日ぶりの待望の雨となりました。お湿り程度で終わるかと
思いましたが、そこそこ降ってくれたようです。それでも、雨が降るまでは気温が上昇し
日中、室温で34を超える時もありました。さて、6月からパソコンのクラッシュを挟んで
何度か作ってきた温泉のデータベース。自分で廻るためのメモにも使っていますが、それ
だけでは道楽の域を出ませんので、お客様に見て頂ける形に体裁を整えて、アルバム化し
ました。北東北三県と銘をつけましたが、まだ青森県は出来ていません。今月以降の暇な
ときを見て、そこは整理する予定です。それにしても、「見せる」、「見てもらう」とい
うのは難しいことですし、それを見て頂いて「興味を持ってもらう」、更に、「行って楽
しんでもらう」というのはもっと難しいことです。最終的には「また来てもらう動機付け
にする」というところまでいって、ようやく完結、目的達成なのですが、そうして頂ける
ためにはいつまでも試行錯誤が続きそうです。

9月4日(火)
本日は、高校時代の同級生がわざわざ訪ねてきてくれました。卒業以来のご対面でしたの
で、かれこれ30年ぶりということになります。年をとっても当時の面影が残っており、気
分だけは高校時代にタイムトリップしてしまいました。仕事で大曲まで来たとのことで、
夜には会社の指定宿泊施設に戻りましたが、そんな忙しい中で時間を作ってくれたことは
とても感謝しています。実は、彼とは高校時代に同じクラスになったことがなく、部活な
ども異なったため。接点がほとんどありませんでした。そのため、会うまでは、話が出来
るだろうかと実はとても心配でした。でも、共通の知り合いは多く、同じ時間を過ごした
こともあり、話をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。こんなご対面が
出来たのも、たまたま始めたフェイスブックのおかげです。

9月3日(月)
もう9月なのですが、今日で17日連続真夏日。この時期に何故?という感じで、涼しくな
るのが待ち遠しいです。さて、秋といえば「収穫の秋」。秋田でも美味しい祭りが沢山あ
ります。先陣を切る形で、昨日の週末には、六郷の地元の祭りで秋田フードプロチームに
よる秋田B級グルメの屋台が出たり、横手では、焼きそば四天王決定戦が行われ、2012年
の四天王に藤春食堂、魯句彩(ろくさい)亭、食い道楽本店、安楽食堂の4店が選ばれま
した。また横手の南西にある羽後町では「うご牛(べこ)祭り」が開かれ、格安高級牛肉
に行列が出来たそうです。まだ9月も始まったばかりで、これからが美味しい祭り本番。
規模が小さな祭りが多いですが、それぞれ個性のある美味しいものが発見できそうです。

9月2日(日)
先日、県北ツアーを行った際、実は温泉だけでなく、いつもの「たまたま撮り鉄」のチャ
ンスが何度かありました。コース的に秋田内陸縦貫鉄道と、花輪線に沿ったルートだった
からです。つい習慣で大滝温泉駅を見に行った際、ホームに人がいるのを発見。これは列
車が来る?!と思い、待合室の時刻表をチェック。2分後に到着の列車があることがわか
り、待つことにしました。花輪線は、列車もまばらで、なかなか見られないもの。ようや
く花輪線の写真を撮ることができました。また帰り道、国道105号線を走っていると、戸
沢駅近くで内陸線の車両を追い抜いたのがわかったので、先回りして上檜木内駅近くでキ
ャッチ出来ました。もちろんその後は、おとなしく制限速度を守って(?)帰りました。

9月1日(土)
今週、男鹿温泉郷と県北の大滝温泉と、秋田では名を知られている温泉観光地に出かけま
した。温泉は非常によく、行けばそれなりに楽しめるのですが、いずれも感じたのは、大
型宿泊施設の苦戦です。昨年の大震災の影響ではなく、それ以前からのことのようで、特
に大滝温泉は、かつては県北でも有数の温泉街だったようですが、今は見る影もなくなり
つつあり、大型ホテルがほぼ全滅で、温泉街の裏側を流れる川沿いを見ると、立派な大型
宿泊施設が並んでいるのですが、半分ほどが閉鎖となっており、対岸にも、遠目からもラ
ンドマークになり、大館から来ると真っ先に見える、城を模したホテルがあったようです
が、これもクローズ。ある意味、廃墟マニアの方は大忙しになりそうです。取り壊す費用
も馬鹿になりませんので、そのまま放置になっていますが、ウキウキ気分で来た観光客も
部屋からこんな風景では、あまりいい気分にはならないですね。それを考えると、当YH
が田んぼの真ん中の一軒屋で良かったと、ちょっと思ったりもしました。