レバー曲がりの兆候はレバーとシリンダーの平行度でチェックする

この写真は最悪の例ですから、通常はもう少し角度が浅い状態でトラブルが発生すると考えてください。エースもイノバもノーマル銃で無茶をすれば、同じ症状を起こします。また、曲がりを直そうとしてテコを使って反対側に引き伸ばしたりすると、元の状態より悪化するので絶対にやってはいけません。伸びた鉄は形だけ整えても呆気なく元に戻ってしまうものです。
これをお読みの人で大口径ライフルを買ったはいいが、どこにもぶつけていないのにいつの間にか銃身が反ってしまった経験の持主はいませんか? コールドハンマー後の曲がりが酷く、かなりの修正を受けて出荷された物に運悪く当たった場合、そういったことが間々起こるようです。注意すべきはフルート銃身。バーミンターのような太い銃身ならまだしも、細っこい銃身(コールドハンマー製)のウルトラライトな軽量銃にフルート加工を施すのは結構ヤバイ。経時変化で泣きを見るかも?

話が逸れてしまいましたが、鉄の性質を考えれば、力で曲がりを修正するのは無駄が多いということなのです。生のプレス板で作られたノーマルレバーの曲がりをテコで伸ばそうものなら、加工硬化で保っている他の部分の腰まで抜けて、ヘナヘナになってしまいますよ。