年1度の難関を無事クリアするには

銃の照合検査のとき、係の人と揉めた経験がありませんか? 不幸にして保持する場所が悪かったために先台が開き、銃が机に打ち付けられるトラブルが毎年起こっています。これは、所持者の注意で解決するしか方法はありません。
簡単な対策は、ホームセンターやアウトドアショップで売っているスキーバンド(ベルクロ・ストラップ)を利用してポンプハンドルを縛っておくこと。それだけのことで無用のトラブルが防げます。