7月あっつい日

 雨天中止の予定なので 準備のために5時30分に起きると 音を立てての雨

 無理だねと 二度寝 それでも6時半に起きると 晴天 それから準備が始まりました

 

 7時30分牛窓フェリー乗り場集合って 行ったことのないところに 30分ぐらいで行けるんかい?

 あいかわらず 計画性の無い出発です・・・・

 だいいち7時30分集合って聞いたの 今だし!_(. ・)θ☆(゜゜) きーっく

 日焼け止めをしっかり握り 車内で身支度

 初めて会う方々と小船と聞いて今回は念のため留守番の出来るラクチェは 可哀想だがお留守番

  

 ブルーラインに乗れば 15分くらいで牛窓までは行くけれど その後の街に入ってからは

 どうなることやら・・・・

 なんだかんだと 予定時刻に到着

 荷物を運ぶから シオンとドルチェは見ててくれというので 車の中で待つ

 よし良いぞと出て行くと 船のうえからパパが「何でこんな船べりにデジカメ置くんだ!」の

 一言に 「へ?私今着たばかり」 と言う前に デジカメ水没・・・・

 息子が言うには タイタニックのワンシ−ンをみているようだったとか・・・・

 お気に入りだったのに・・・ポッケに入った上に音楽も聴けたんだぞ・・・・

 カバンから落としたの パパじゃん・・・もう売ってないのに・・・まずはオークションで探して

 無かったらお店で注文してそれでだめだったらメーカーに問い合わせて・・・・と こういう時には

 回転数の上がる脳みそ我ながら感心だった・・・・

 

 ま・・・落ちてしまったものは しょうがない(T_T) ウルウル

 桟橋から 直接船に飛び移るため まずは私が船に乗り込み シオンを呼んで座らせ

 ドルチェを呼んで座らせ・・・・頼むから暴れないでくれ!と思っているところに

 船は出発 以下は携帯電話の画像です

 カメラを落としたのは こいつです ドルチェ 興味津々 後ろが黒島 

船は5分もかからないで 黒島に到着 後ろに見える茶色の所が 全部自由な場所ですが

電気も無い 水も無い トイレも無い

シオンはすぐにでも泳ぎたい ドルチェも行こうと引っ張っても無理 側に居てよとシオンのリードを離さないドルチェ ドルチェにひかれて 泳げないシオン

船から難なく飛び降り 泳ぐの大好きなシオンは早速 海へ

海が初めてなドルチェは 波打ち際しか走れません

シオンのリードをとってやると 不満げなドルチェ 何でそんなに行くんだよ?と 側にもいけず・・・ 愚痴りに来たドルチェ こうやって 側に居てよと二匹

この写真のまえに ドルチェはシオンについて海に飛び込みましたが 

おぼれました・・・・(T_T) ウルウル

一回目の釣りはべらとカサゴ  あいかわらずへっぴり腰のドルチェ 自分の場所にはっとして 動けないドルチェ 母さん ここに貝がありますよと 目標物チェンジ

男衆は 釣りに出かけました

この時 舟を押し飛び乗ろうとしたパパは 乗り込めずしばらくジタバタしたら

なぜか ポケットからタバコ ライター 非常用スペースブランケットが浮き出て

流れてゆきました・・・・もういいんですけどね・・・・でも そのポッケには たしか

会社の携帯が・・・・もういいんですけどね 保障料金自分でお願いしますね

会社携帯水没二号と 命名されました。ちなみに今回ご一緒した方が洗濯なさったのが

水没 一号だそうです

岩場の途中に二匹が居ます 見えますか? 潮が引き海草がどんどん近くに見えてきます 海草は欲しいが これ以上は怖い これ。。。欲しいのに・・・

岩のうえには ぽつんと釣り人

時間が来れば お迎えの船が来るそうです

ドルチェは 海草が気になりますが へっぴり腰で 進めません

砂浜が暑くなったので シオンはクールダウン 気持ち良さそうだねと ドルチェ やってみた!できた 気持ちいい! 頑張ったけど怖かった  

クールダウンのシオン それを見て考えるドルチェ

何とか 水の中に入れましたが その後 おしっこが止まりません(^.^; オホホホ

お昼も過ぎた頃 帰りの船の運転手は内緒です 


ちなみに 今回の浜辺はもち舟がないとほとんどの方は来れないそうです

船着場までは 5分も掛からないので 気軽にコンビニに買いに出ていました

とてもいい場所ですが それだけがネックのようです


余談ですがこの日デジカメと携帯を水没させた主人は太陽のたたりにあい

重度の日焼け(普段日に当たってないだけ)にて ただいま大騒ぎしております

とくに 普段日に当たることの無いひざ下は 三匹のしっぽ攻撃にあうたび

悲鳴を上げております