歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記>日清戦争の原因と結果

     

日清戦争

 
 
日清戦争とは1894年の8月に始まり、なんと眠れる獅子といわれた清に勝ってしまった戦争のことです。戦争に勝利した日本は下関条約を清との間に結び、その後、大躍進をとげることになります。

 では、この日清戦争について少し詳しく見てみましょう。

 1894年、朝鮮で
東学党の乱(とうがくとうのらん)というのが起こります。東学党の乱とは、一種の宗教団体である東学党が減税や日本の進出を拒もうと起した運動です。その運動は、やがて農民達にも広がり朝鮮全土を巻き込むことになります。

 その内乱に困った朝鮮政府は清に内乱鎮圧の為の援軍を頼みます。それに反応したのが日本です。

 当時、日本は隣の国である朝鮮がロシアあたりの強い国に勢力を強められるのを警戒していました。だって、隣の国が襲われたら次は日本が狙われる可能性もありますからね。しかも、それらの強い国々に肩を並べる為にアジア進出も描いていた日本にとって朝鮮はぜひとも影響下に置いておきたいところ・・・。

 とはいえ、その頃の朝鮮は清が「朝鮮は我が国の管理下にある」と主張していた。日本も朝鮮を武力で開国させ朝鮮に影響力を強めていたけれども、清がどうしても邪魔!ということで、当時、日本と清はいろいろと揉めていた訳です。そこに、東学党の乱の鎮圧依頼が清にだけ届いた・・・。やばい!これ以上、清が朝鮮に勢力を強められると日本の立場が・・・。

 そこで、日本は事前に結んでいた
天津条約と朝鮮にある日本の公使館を守るという口実で朝鮮に兵を出します。


 日清戦争の原因と流れ

1882年:壬午軍乱(じんごぐんらん)

朝鮮にて親日派の閔氏らが日本から軍事顧問を招いて改革を行う。それに反対して大院君派(親清派)がクーデターを起し日本人軍事顧問を殺害。
清の出兵により鎮圧。以後、親日派であった閔氏は清へと傾いていく。

1884年:甲申事変(こうしんじへん)

朝鮮にて日本の明治維新を模範とし改革を進めようとする独立党が日本から支援を得てクーデターを起こす。しかし、これも清からの出兵により鎮圧。

1885年:天津条約

日本の伊藤博文と清の李鴻章(りこうしょう)にて条約を結ぶ。これにより、朝鮮から両国ともに兵を引き上げ、今後派兵する際は事前に通告しあう約束を結ぶ。

1894年:東学党の乱

朝鮮にて減税や排日を訴え農民、東学党が乱を引き起こす。清は朝鮮からの依頼で出兵。日本も天津条約や日本の公使館を守るという口実で出兵する。


 この内乱終結後も日本と清は共に兵を朝鮮国内に留めていたために戦争状態へともつれ込みます。これが
日清戦争です。日清戦争っていうから清つまり中国のど真ん中が戦争になったイメージを持ちますが、実は戦場はほぼ朝鮮半島だったんですよ。

 日清戦争における主な激戦区
 日清戦争


日本軍約24万人に対して清軍約63万人(清軍には諸説ありますが・・・)。

 数字の上ではかなり日本は不利のように思えますが、そうでもなかったようで開戦後に日本では巨額の軍事費を議会で可決。また1873年の徴兵令以降、ドイツ式に変更された陸軍とイギリス式となった海軍など貪欲に軍の強化に努めていた日本軍はなんと約8ヶ月でこの戦争に勝利してしまいます。

 そして、日清戦争に勝利した日本は
下関条約(しものせきじょうやく)を清との間に結ぶのです。

 下関条約の内容
1:朝鮮の独立を認めること。
(この直後、朝鮮は大韓帝国と国名を変え、独立を宣言します)

2:遼東半島(りょうとうはんとう)を日本に譲り渡す。
(中国と朝鮮の間にある半島で日本の戦略的にかなり重要な土地です)

3:台湾を日本に譲り渡す。
(これにより日本は初の海外植民地として台湾を獲得しました。)


4:澎湖諸島(ほうこしょとう)を日本に譲り渡す。
(これは台湾と中国本土の間の島々。)


5:賠償金2億両を日本に支払う。
(約3億1000万円。当時の日本の国家予算のなんと2倍以上のお金です)

6:日清通商航海条約を結ぶ
(清に欧米と同条件の不平等条約を日本とも結ばせた)


 
 こうして、日本は朝鮮半島から清の影響力を排除し、大陸進出への足がかりを築くことになるのでした。


日清戦争についてもっと詳しく

日清戦争後の三国干渉

台湾にて日本初の植民地支配

下関条約の内容と賠償金の使い道

清王朝について