歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記田中角栄>ロッキード事件


 

ロッキード事件


 
ロッキード事件とは、戦後最大の汚職事件といわれた事件です。田中角栄元首相や昭和の怪物といわれた児玉誉士夫など名が事件の重要人物としてあげられることになりました。

 このロッキード事件では、未だ謎の部分も多く、丸紅、全日空など複雑な絡みもあり、「ロッキード事件」という名前は聞いたことがあるけど内容がいまいちわからん!という人も多いのではないでしょうか?

 今回は、ロッキード事件について簡単になるべくわかりやすく説明していきますね。

 1976年2月にアメリカの航空機製造会社のロッキード社から日本側に30億円以上のお金が渡ったことが発覚します。

 当時、ロッキード社は破産寸前の状態にまで追い込まれていました。ベトナム戦争の終結などにより赤字経営が続いていたんですね。そこでロッキード社としては飛行機を売り込みなんとかこの赤字状態から抜け出したいわけです。

 しかし、ロッキード社はアメリカの会社。日本に売り込みたくても橋渡ししてくれるパイプが必要なんですね。そのパイプ役をしていた会社が丸紅という会社です。

 丸紅は「飛行機を売りたいなら、いっそのこと政治献金しましょうよっ。」って感じでロッキード社に持ちかけるんです。そして、ロッキード社から預かった5億円を田中角栄に渡したとされています。

 実際、その後、全日空はロッキード社からトライスターという飛行機を購入しています。では、なぜ全日空はロッキード社から素直にトライスターを購入したのか?何のメリットがあったのか?

 全日空はロッキード社から2億円のリベートをもらい、その一部を複数の政治家に配ったとされています。全日空の思惑としては国際線進出を目指すため全日空が優位になるよう航空政策への働きかけを期待しての賄賂だったんですね。

 ですが、ロッキード社から日本に渡ったお金は30億円以上。残りの金はどこにいったのか?21億円という巨額の政界工作資金を受け取ったとされているのが児玉誉士夫という人物です。



 児玉誉士夫は、政界、財界、裏社会にまで顔が利くといわれた人物。なぜ、彼にロッキード社は多額のお金を渡したのか?何が狙いだったのか?

 現在では、ロッキード社の本当の狙いは全日空に売り込んだトライスターではなく、P3Cではなかったのか?といわれています。



 P3Cというのは、潜水艦を探査するための軍用機です。対潜哨戒機なんていわれています。

 当時、日本では対潜哨戒機を国産で作る方向に動いていました。ですが、そんなことされたらロッキード社は困っちゃうんですね。売れないから・・・。ロッキード側からしたら幸運なこともありました。国産で対潜哨戒機を造ろうとすると膨大なコストがかかるんです。そこで、そんなコストがかかる国産より、アメリカから輸入した方がいいんじゃないですか〜。と誰かに勧めて欲しかったんですね。

 その役割を果たしたのが児玉誉士夫だったのではないか?といわれています。

 また、田中角栄へ渡ったとされている5億円も本丸の方はトライスターではなく、P3Cだったのではないか?ともいわれています。

 しか〜し!P3Cは軍用機です。軍用機を日本に売り込むためにお金がアメリカから日本へ動いたなんてことになったら、アメリカ側の政府も厄介なわけです。ですから、アメリカの政界からも働きかけがあり、P3Cの事実は隠蔽されたのではないかとされています。

 事件発覚の翌年、アメリカから日本へのP3C導入が正式に決まっています。そして、長きに渡りP3Cは日本に渡り総額は1兆円を超えています。

 日本がアメリカの軍用機を購入すればアメリカとしたら日本のお金でアメリカの軍事力を強化しているのと同じですからね。

 ロッキード事件は、トライスター購入をめぐる巨額献金事件として元総理大臣の逮捕にまで発展し、大きな事件となりましたが実際のところ、闇はもっと深いのかもしれませんね。