健康保険でマッサージが受けられます


健康保険が適用される疾病や後遺症は?


@脳脊髄疾患による後遺症(四肢マヒ)
脳卒中・パーキンソン病・脳性マヒ・脊椎カリエス・後縦靭帯骨化症・椎間性疾患など

A関節の疾患
膠原病(関節リウマチや強皮症など)や老年性関節症などで、著しく関節機能が阻害されている場合

これらの症状について、健康保険が適用されます。

注※:肩こり・腰痛・五十肩などの一般的な症状は、健康保険の対象になりません


手続きはどのようにするの?

健康保険を適用するには、必ず医師の同意が必要です。

まず、@当室担当者が症状を伺い、医師宛に【依頼書】【同意書】を作成します。

次に、A罹りつけの医院に受診して頂き、医師から【同意書】へサインをして頂きます。

以上で手続きは完了です。※ご不明な点は@の際にお尋ねください。


どのくらいの費用がかかりますか?

1回あたり数百円です。東京都医療助成受給者証をお持ちの方は、自己負担が扶助されます。
※往診については、約款に基づき8キロ圏内となります。


担当者から

当室が行う施療は、【マヒした筋肉を手でマッサージする】という至ってシンプルなもので、
難しいことや無理なことを強いる療法ではありません。

介護保険が始まってから10余年。
【高齢な方に混じってリハビリをするのは抵抗がある】
【機能訓練に特化したリハビリを受けたい】
【痛くてリハビリが進まない】
などといった、現制度では補いきれないニーズが高まってきています。

患者さん各々の状態を察して、現状に即した施療を行いながらリハビリ意欲を維持し、
結果としてより高レベルの機能を得るためのお手伝いをさせて頂きたいと思います。