本文へスキップ

司法書士は暮らしの法律家です。

     お問い合わせはこちら

TEL: 0466-52-5561

不動産登記 当事務所はオンライン申請対応のため、全国対応可能です。

住宅ローンを完済された方へ     抵当権抹消登記

  住宅ローンを完済すると金融機関から抵当権抹消書類が手渡されます。
  これは、住宅ローンを借り入れた時に、その住宅を担保に入れるために抵当権設定登記がなされておりますが、担保するべきローンを完済したので、その登記された抵当権を抹消するために金融機関から発行される書類重要書類です。
  
完済しただけでは自動的に抵当権は消えませんので、不動産の所有者が法務局に対して、抵当権を消してほしいと申請をしなければなりません。
  金融機関から手渡される書類の中には有効期間が定められている書類がありますので、なるべく早めに手続きをすることをお勧めします。


必要書類

  1.金融機関から渡された抵当権抹消書類一式
  2.お客様から当事務所への委任状(当事務所にて作成いたします)


 このページの先頭へ

不動産の売買を考えている方へ   所有権移転登記

不動産の売買をした時には一般的には所有権移転登記を行います。
  不動産登記の名義変更をしておくことによって、この不動産は自分が購入したものだと公に示すためです。
  
売買代金の支払と同時に、名義変更の登記手続きを間違いなくできるような書類を受け取ることが非常に重要になってきます。
  

必要書類

  【買主(登記権利者)】

  1.住民票
  2.お客様から当事務所への委任状(当事務所にて作成いたします。)

  【売主(登記義務者)】
  1.印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2.権利証(登記識別情報通知、登記済証とも言います)
  3.お客様から当事務所への委任状(当事務所にて作成いたします。)


不動産の贈与を考えている方へ     所有権移転登記

不動産を贈与等によって譲り受けた時には一般的には所有権移転登記を行います。
  不動産の名義変更をしておくことによって、この不動産は自分が購入したものだと公に示すためです。
  
売買とは異なり、代金の授受はありませんが、確実に名義変更が出来るような書類を受け取ることが重要です。
  
また、気になる贈与税や、その配偶者控除等についても当事務所の隣接税理士に相談しながら手続きを行うことが出来ます。

必要書類

 【受贈者(貰う方)】
  1.住民票
  2.お客様から当事務所への委任状(当事務所にて作成いたします。)

  【贈与者(あげる方)】
  1.印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2.権利証(登記識別情報通知、登記済証とも言います)
  3.お客様から当事務所への委任状(当事務所にて作成いたします。)


 

その他不動産の名義変更について     所有権移転登記

上記以外にも不動産の名義変更の種類は多々あります。
  相続によって取得したり、時効取得、代物弁済(貸したお金の代わりに不動産を貰う)、離婚による財産分与など、様々な契約や法律行為によって不動産の名義を得ることが出来ます。
  どのような登記原因で名義変更が出来るのかはケースバイケースですので、売買でもない、贈与でもない、相続でもない・・・という事がありましたらお気軽にご相談ください。

引越しをして住所が変わった方へ     登記名義人表示変更

不動産を所有している方は、原則として取得当時の住所で登記されております。
 不動産を取得した後に、引越しをして住民票を移した時には、新しい住所地に登記住所を変更する必要があります。
 変更しなくても特に罰則等はありませんが、現在の正しい情報を登記しておくという観点からは住所変更の登記をしておくのが望ましいです。
  

必要書類

  1.住民票(登記住所〜現在の住所への変遷が分かるもの)
  2.お客様から当事務所への委任状(当事務所にて作成いたします。)





 当事務所では、業務を行う前に必ずお見積りを提示いたしますので、
 お気軽にご相談ください。


報酬:費用


バナースペース

司法書士高橋研事務所

〒252-08040
神奈川県藤沢市湘南台2-7-20vivant1階
TEL 0466-52-5561
FAX 0466-52-5562
月曜日〜金曜日 
9:00〜17:30 

土日祝日夜間対応可
メールはこちら⇒