伝染性疾病
(届出)

OIE List

家畜の種類

病原体 疫学・感染様式・感染源 症状 診断
病原診断[血清診断]
予防・治療(海外)
[発生時の処置]
その他
(最終発生)

1.ブルータング
Bluetongue

A

牛、水牛、鹿、めん羊、山羊

ブルータングウイルス(Reoviridae-Orbivirus) 吸血昆虫媒介:ヌカカ 発熱、流涎、咽喉頭麻痺、嚥下障害
不顕性感染が主
ウイルス分離、PCR、[ゲル沈、中和、ELISA] (生・不活化ワクチン)  

2.アカバネ病
Akabane disease

 

牛、水牛、めん羊、山羊

アカバネウイルス
(Bunyaviridae-Bunyavirus, Simbu 血清群)
吸血昆虫媒介:ヌカカ 異常産:内水頭症、体型異常(四肢弯曲、脊髄S字弯曲)、盲目、虚弱 ウイルス分離、FA、PCR、[中和] 生ワクチン  

3.悪性カタル熱
Malignant catarrhal fever

B

牛、水牛、鹿、めん羊

・WD-MCF (wildbeast-derived malignant catarrhal fever)ウイルス[ウシカモシカヘルペスウイルス-1(AHV-1, Acelaphine herpesvirus 1)
・SA(sheep-associated)-MCFウイルス[ヒツジヘルペスウイルス-2(Ovine herpesvirus 2 )]
感染源
WD-MCF:ウシカモシカ
SA-MCF:羊
発熱、体表リンパ節腫脹、角膜混濁、膿性鼻汁、呼吸困難、悪臭呼気、神経症状を呈し5〜14日で死亡 疫学調査(レゼルボアとの接触)、組織所見、PCR なし  

4.チュウザン病
Chuzan disease

 

牛、水牛、山羊

チュウザンウイルス(カスバウイルス)(Reoviridae-Orbivirus) 吸血昆虫媒介:ヌカカ 異常産:水無脳症・小脳形成不全、虚弱、起立不能、てんかん様発作 [中和] 不活化ワクチン  

5.ランピースキン病
Lumpy skin disease

A

牛、水牛

ランピースキン病ウイルス(Poxviridae-Capripoxvirus) 媒介昆虫:蚊、サシバエ
潜伏期:4〜14日
発熱、流涎、鼻汁漏出、皮膚結節形成(結節壊死・潰瘍、硬結腫瘤化、瘢痕形成) ウイルス粒子観察(電顕)、ウイルス分離、FA、[中和、ELISA] (生ワクチン) 未発生

6.牛ウイルス性下痢・粘膜病
Bovine viral diarrhea-mucosal disease

 

牛、水牛

牛ウイルス性下痢ウイルス(Flaviviridae-Pestivirus)
BVDV1(CPE+, CPE-), BVDV2(CPE+, CPE-)
持続感染牛
潜伏期:1〜3週
・無症状感染:一過性発熱・下痢(終生免疫獲得)
・急性粘膜病:発熱、口腔粘膜の糜爛、潰瘍、水様性下痢、斃死
・慢性粘膜病:持続感染牛での発症
・出血性症候群:BVDV2感染、血様下痢便、粘膜出血
・免疫異常:二次感染
・持続感染:胎齢100日前後の(CPE-)BVDV感染により胎仔は免疫寛容−持続感染牛となる
・先天異常(胎齢100〜180日での胎盤感染):小脳形成不全、奇形(眼奇形等)
ウイルス分離、塩基配列の比較によるBVDV1とBVDV2の識別 ・BVDV1生ワクチン
・BVDV1, 2不活化ワクチン
 

7.牛伝染性鼻気管炎
Infectious bovine rhinotracheitis

B

牛、水牛

牛ヘルペスウイルス1(Herpesviridae-Varicellovirus) 経気道感染(感染牛の鼻汁、涙液、生殖器分泌物)
潜伏期:2〜4日
上部呼吸器症状:漿液性鼻汁(膿性に移行)、流涎、鼻腔粘膜の壊死・膿疱化・潰瘍形成 ウイルス分離、中和、PCR、[中和、ELISA、CF、ゲル沈] 生ワクチン  

8. 牛白血病
Bovine leukemia

B

牛、水牛

牛白血病ウイルス
BLV(Retroviridae-Deltaretrovirus)
BLV感染Bリンパ球の侵入
・水平感染:検査・治療器具による人為的感染
・垂直感染:胎内感染、乳汁感染
潜伏期:1〜8年
・地方病型(5〜8歳):多くは無症状、一部発症(削痩、乳量減少、下痢、リンパ節腫大、斃死)
・子牛型(2歳未満):全身リンパ節球形腫大、発熱、斃死
・胸腺型(6月〜2歳未満):胸腺の著しい腫脹
・皮膚型(2〜4歳):全身の蕁麻疹様発疹・丘疹、痂皮形成
・臨床所見、血液学的検査、病理所見
・ウイルス分離、プロウイルス検出PCR、[gp51抗体検出:ゲル沈、ELISA]
ワクチンなし  

9.アイノウイルス感染症
Aino virus infection

 

牛、水牛

アイノウイルス
(Bunyaviridae-Bunyavirus)
吸血昆虫:ヌカカ 無症状、流死産(妊娠後期)
先天異常子牛:四肢関節弯曲、斜頸、脊柱弯曲、起立不能、自力哺乳不能
ウイルス分離、[中和] 不活化ワクチン
(3混:アイノ、アカバネ、チュウザン)
 

10.イバラキ病
Ibaraki disease

 

牛、水牛

イバラキウイルス
(Reoviridae-Orbivirus)
吸血昆虫:ヌカカ 発熱、泡沫性流涎、口腔粘膜の充血・糜爛・潰瘍、嚥下障害、流死産? ウイルス分離、FA、中和、PCR、[HI、ゲル沈、中和] 生ワクチン  

11.牛丘疹性口炎
Bovine papular stomatitis

 

牛、水牛

牛丘疹性口炎ウイルス(Poxviridae-Parapoxvirus)   口腔(周囲)の丘疹形成、稀に水疱・膿疱、潰瘍 竹篭状ウイルス粒子観察(電顕)、ウイルス分離 ワクチンなし
[二次感染防止]
 

12.牛流行熱
Bovine ephemeral fever

 

牛、水牛

牛流行熱ウイルス
(Rhabdoviridae-Ephemerovirus)
吸血昆虫:、蚊、ヌカカ
潜伏期:3〜8日
高熱、呼吸速迫、皮下気腫、泡沫性流涎、関節炎、跛行 ウイルス分離、FA、中和、PCR、[中和] 不活化ワクチン  

13、類鼻疽(人獣)
Melioidosis

 

牛、水牛、鹿、馬、めん羊、山羊、豚、いのしし

Burkholderia pseudomallei 経皮、経気道、経口感染 発咳、膿性鼻汁、肺炎、乾酪化結節・膿瘍、 菌分離・同定 [摘発淘汰] 未発生

14.破傷風(人獣)
Tetanus

 

牛、水牛、鹿、馬

破傷風菌
(Clostridium tetani)
創傷感染 全身筋肉の硬直・痙攣、咀嚼・飲水障害、呼吸困難 菌分離・同定、病変部組織乳剤のマウス接種(毒素検出、菌分離) トキソイド免疫、抗毒素血清  

15.気腫疽
Blackleg

 

牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし

気腫疽菌
(Clostridium chauvoei)
創傷感染(皮膚粘膜、消化器粘膜) 高熱、急死、多肉部(臀部、肩部)・四肢の腫瘤形成、腫瘤部の捻髪音、皮下の膠様浸潤・浮腫 菌分離・同定、FA、病変部乳剤のモルモット接種 不活化ワクチン、クロストリジウム3混ワクチン(chauvoei, septicum, novyi)  

16.レプトスピラ症
Leptospirosis
(レプトスピラ・ポモナ、レプトスピラ・カニコーラ、レプトスピラ・イクテロへモリジア、レプトスピラ・グリポティフオーサ、レプトスピラ・ハージョ、レプトスピラ・オータムナーリス及びレプトスピラ・オーストラーリスによるものに限る。)

B

牛、水牛、鹿、豚、いのしし、犬

Leptospira spp.
血清型:Leptospira pomana, L. canicola, L. icterohaemorrhagiae, L.grippotyphosa, L. hardjo, L. autumnalis, L. australis
経皮、経粘膜感染 発熱、沈鬱、食欲減退、血色素尿、可視粘膜の貧血、流産 菌分離、溶菌凝集反応(暗視野顕微鏡) [抗生物質(ストレプトマイシン)]  

17.サルモネラ症
(人獣)
Salmonellosis
(サルモネラ・ダブリン、サルモネラ・エンテリティディス、サルモネラ・ティフィムリウム及びサルモネラ・コレラエスイスによるものに限る。)

 

牛、水牛、鹿、豚、いのしし、鶏、あひる、七面鳥、うずら

血清型:Salmonella Dublin, S. Enteritidis, S. Typhimurium, S. Choleraesuis 経口・経気道感染 発熱、下痢、急死(敗血症)
牛:乳量低下、早・流産
鶏:敗血症死(ひな)、成鶏は無症状(保菌鶏)
菌分離・血清型別 保菌牛の摘発
[抗生物質]
 

18.牛カンピロバクター症
Bovine genital campylobacteriosis

B

牛、水牛

Campylobacter fetus subsp. fetus,
C. fetus subsp. venerealis
交尾(人工受精)感染 雄:不顕性感染(保菌牛)
雌:不妊、流産
雄:包皮腔洗浄液からの菌分離
雌:悪露、膣粘液、流産胎仔消化器からの菌分離
膣粘液凝集反応
種畜検査の徹底
[抗生物質]
 

19.トリパノゾーマ病
Trypanosomiasis

B

牛、水牛、馬

Trepanosoma congolense, T. virax, T. brucei, T. evansi, T. theileri 媒介昆虫:ツェツェバエ、アブ、サシバエ 発熱(回帰熱)、貧血、悪液質 末梢血塗抹染色による原虫確認、PCR 媒介昆虫撲滅
[スラミン、キナピラミン]
 

20.トリコモナス病
Trichomoniasis

B

牛、水牛

Tritrichomonas  foetus 交尾(人工受精)感染 雄:無症状、時に包皮腔炎(感染源)
雌:膣炎、早産、不妊
原虫確認(生殖器粘液、流産胎仔胃内容、羊水の無染色観察)、培養 種付け、人工受精時の衛生管理  

21.ネオスポラ症
Neosporosis

 

牛、水牛

Neospora caninum 経口感染、経胎盤感染 流産(胎齢:3〜8か月)、ミイラ胎仔、死産 タキゾイト、シスト確認(免疫組織化学)、[FA] ・終宿主であるイヌとの接触を避ける
・抗体陽性牛の淘汰
 

22.牛バエ幼虫症
Hypodermosis

 

牛、水牛

ウシバエ(Hypoderma bovis)
キスジウシバエ(H. lineatum)
経皮感染(被毛で孵化した幼虫の侵入) 背部皮下の腫瘤形成 腫瘤中の幼虫摘出・同定
 
腫瘤中幼虫の摘出
[イベルメクチン]
(1997輸入牛)

23. ニパウイルス感染症(人獣)
Nipah virus infection

 

馬、豚、いのしし

ニパウイルス(Paramyxoviridae) 自然宿主:オオコウモリ(fruit bat)
経口感染(感染豚の尿、鼻汁)
異常呼吸、神経症状 ウイルス分離、PCR、[ELISA、中和]

 

ワクチンなし  

24.馬インフルエンザ
Equine influenza

B

馬インフルエンザウイルス(Orthomyxovirida-Influenzavirus A)
 
経気道感染(飛沫) 高熱、激しい乾性咳、呼吸困難、気管支炎 ウイルス分離、PCR、[HI] 不活化ワクチン
[二次感染防止]
 

25.馬ウイルス性動脈炎
Equine viral arteritis

B

馬動脈炎ウイルス
(Arteriviridae-Arterivirus)
・交尾(人工受精):精液中にウイルス排泄
・経気道感染(感染雌馬鼻汁)
発熱、感冒様症状、浮腫、発疹、幼馬斃死
妊娠馬:流産
ウイルス分離、PCR、[中和、CF、ELISA] 不活化ワクチン 未発生

26.馬鼻肺炎
Equine rhinopneumonitis

B

馬ヘルペスウイルス1、4(Herpesviridae-Varicellovirus) 経気道・経口感染(流産胎仔、感染馬) 子馬:一過性発熱、鼻漏
妊娠馬:流死産、生後直死
ウイルス分離、PCR、FA、モロクローナル抗体による型別、[CF、中和、ELISA] 不活化ワクチン(1型)
[二次感染防止]
 

27.馬モルビリウイルス肺炎(人獣)
Equine morvillivirus pneumonia
(ヘンドラウイルス肺炎)

 

ヘンドラウイルス
(Paramyxoviridae)
自然宿主:オオコウモリ(fruit bat) 急性呼吸器病(高熱、呼吸困難)、肺浮腫
[1994オーストラリア初発]
ウイルス分離、FA、PCR   未発生

28.馬痘
Horse pox
(Uasin gishu disease)

B

馬痘ウイルス(ウアシン・ギシュウー病ウイルス)
(Poxviridae-Orthopoxvirus)
接触感染 病変出現部位
口腔型:口腔粘膜の丘疹・水疱、膿疱、瘢痕化
繋型:繋部に口腔と同様の病変形成
ウイルス粒子観察(電顕)、ウイルス分離 ワクチンなし 未発生

29.野兎病(人獣)
Tularemia

B

馬、めん羊、豚、いのしし、兎

Francisella tularensis 経鼻・経口感染
媒介昆虫:ダニ、サシバエ
慢性経過:発熱、呼吸・心拍数増加
急性:敗血症死
菌分離(心血、肝臓、脾臓、骨髄)、[試験管凝集反応、ELISA] [抗生物質:テトラサイクリン、ストレプトマイシン]  
30.馬伝染性子宮炎
Contagious equine metritis
B Taylorella equigenitalis 交尾感染
潜伏期:1〜14日
雌馬:陰門部からの粘調性滲出液、発情周期異常、受胎率低下、流産
雄馬:無症状(亀頭窩、包皮腔に保菌)
菌分離・同定(スワブ)、PCR、[HA、CF] [抗生物質]  

31.馬パラチフス
Equine paratyphoid

 

Salmonella Abortusequi 経口感染(汚染飼料等) 流産(妊娠後期) 菌分離(流産胎仔:胃内容、脊髄、流産馬:悪露)、[凝集反応] 馬パラチフス血清、感染馬隔離、農場清浄化[抗生物質:クロラムフェニコール、ニューキノロン系]  

32.仮性皮疽(人獣)
Epizootic lymphangitis

B

Histoplasma farciminosum 接触感染
昆虫媒介:ハエ、アブ、蚊
皮下織膿瘍、頚部四肢の念珠様膿腫 培養、直接鏡検による酵母様真菌確認、[皮内反応、CF] 感染馬隔離  

33.小反芻獣疫
Peste de petis ruminants
 

A

鹿、めん羊、山羊

小反芻獣疫ウイルス
(Paramyxoviridae-Morbillivirus)
接触感染(感染動物の分泌・排泄物) 発熱、食欲不振、口・鼻粘膜の充血・糜爛、削痩 ウイルス分離、PCR、[ゲル沈、CF] (生ワクチン開発、アフリカ) 未発生

34.伝染性膿疱性皮膚炎(人獣)
Contagious ecthyma
 

 

鹿、めん羊、山羊

オルフウイルス
(Poxviridae-Parapoxvirus)
接触感染(創傷、汚染飼料) 皮膚の発赤・丘疹、水疱、膿瘍・潰瘍・痂皮形成 ウイルス分離、PCR、ウイルス粒子観察(電顕)、[ゲル沈]    

35.ナイロビ羊病(人獣)
Nairobi sheep disease

B

めん羊、山羊

ナイロビ羊病ウイルス
(Bunyaviridae-Nairovirus)
媒介昆虫:マダニ 高熱、出血性腸炎
妊娠羊:流産
ウイルス分離、FA、[CF、ELISA]   未発生

36.羊痘
Sheep pox

A

めん羊

羊痘ウイルス
(Poxviridae-Capripoxvirus)
接触感染 発熱、呼吸困難、発疹・丘疹、潰瘍・粘性滲出液漏出、体表リンパ節腫大 ウイルス粒子観察(電顕)、[FA、ELISA、ゲル沈]   未発生

37.マエディ・ビスナ
Maedi-visna

B

めん羊

マエディ・ビスナウイルス(MVV) (Retroviridae-Lentivirus)
 
接触感染(感染動物の鼻汁、糞便)
垂直感染(初乳、乳汁)
スローウイルス感染症の一つ:潜伏期約2年
・慢性進行性肺炎
・進行性脳脊髄炎
ウイルス分離、PCR、[ゲル沈(p25, gp135)、ELISA] ワクチンなし 未発生

38.伝染性無乳症
Contagious agalactia

B

めん羊、山羊

めん羊:Mycoplasma agalactiae
山羊:M. agalactiae, M. mycoides subsp. mycoides large coclony type, M. Capricolum subsp. capricolum
接触感染、乳汁感染 発熱、乳量減少・無乳、関節炎 菌分離、[CF、ELISA] [抗生物質:テトラサイクリン、マクロライド系] 未発生

39.流行性羊流産
Enzootic ovine abortion

 

めん羊

Chlamydophila abortus 接触感染(流産胎仔、胎盤、子宮分泌液中のクラミジア) 流死産(初産の妊娠後期に多発) 塗抹標本の染色、FAによるクラミジア検出、クラミジア分離、[CF]   未発生

40.トキソプラズマ病(人獣)
Toxoplasmosis
 

 

めん羊、山羊、豚、いのしし

Toxoplasma gondii 終宿主:ネコ
胎盤感染
経口感染:感染猫排泄オーシスト、感染臓器
発熱、元気消失、湿性咳、耳翼・鼻端・下肢・下腹の鬱血性紫赤斑、腹式呼吸、リンパ節腫大、実質臓器の点状出血 虫体検出(FA)、PCR、[HA、CF、ELISA]

 

ネコとの接触を避ける  

41.疥癬
Mange

 

めん羊

ヒツジキュウセンヒゼンダニ
(Psoroptes ovis)
接触感染 皮膚の水疱・痂皮、強度の掻痒、削痩、貧血 ダニの同定 [アベルメクチン系製剤]  

42.山羊痘
Goat pox

A

山羊

山羊痘ウイルス
(Poxviridae-Capripoxvirus)
経口・経鼻感染、創傷感染 全身皮膚、呼吸器粘膜の丘疹、瘡蓋形成 ウイルス粒子観察(電顕)、ウイルス分離、PCR、[FA、ゲル沈]   未発生

43.山羊関節炎・脳脊髄炎
Caprine arthritis-encephalomyelitis

B

山羊

山羊関節炎・脳脊髄炎ウイルス(Retroviridae-Lentivirus) ・垂直感染(初乳、乳汁)
・水平感染(感染山羊との接触)
・白質脳脊髄炎(子山羊):上向性麻痺、進行性削痩
・関節炎(1歳以上):膝関節腫大、跛行
[ゲル沈、FA、ELISA]   [初発2002、長野県]

44.山羊伝染性胸膜肺炎
Contagious caprine pleuropneumonia

B

山羊

Mycoplasma capricolum subsp. capricolum 飛沫感染 発熱、呼吸速迫、激性発咳、予後不良 分離・同定、[CF] [抗生物質:テトラサイクリン系、マクロライド系]  

45.オーエスキー病
Aujeszky's disease

B

豚、いのしし

豚ヘルペスウイルス1(オーエスキー病ウイルス)(Herpesviridae-Varicellovirus) 経口・経気道感染 新生豚:神経症状、死亡
妊娠豚:死流産
ウイルス分離、FA、[中和、ELISA] 生ワクチン、不活化ワクチン  

46.伝染性胃腸炎
Transmissible gastroenteritis

B

豚、いのしし

伝染性胃腸炎ウイルス(Coronaviridae-Coronavirus 1群) 経口・経鼻感染 嘔吐、水様性下痢、脱水 FA、PCR、ウイルス分離、[中和] 生ワクチン(母豚投与後の乳汁免疫、子豚への直接経口投与)  

47.豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
Porcine enterovirus encephalomyelitis
(テッシェン病)

B

豚、いのしし

豚テシオウイルス(PTV)(Picornaviridae-Teschovirus)、
豚エンテロウイルス(PEV)(Picornaviridae-Enterovirus)
経口・経鼻感染 神経症状が主徴
重症:後肢麻痺、起立不能、全身痙攣、死亡
軽症:運動失調、四肢麻痺
ウイルス分離 ワクチンなし  

48.豚繁殖・呼吸障害症候群
Porcine reproductive and respiratory syndrome

B

豚 いのしし

PRRSウイルス(Arteriviridae-Arterivirus) 接触感染、空気伝播、精液伝播 ・繁殖障害(流産、早死産、ミイラ胎仔、黒子、白子、虚弱):PRRSウイルス単独感染
・呼吸障害:PRRSウイルス感染+複合感染
ウイルス分離、PCR、
[FA、中和]
生ワクチン
[二次感染防止]
 

49.豚水疱疹
Vesicular Exanthema of swine

 

豚、いのしし

豚水疱疹ウイルス
(Caliciviridae-Vesivirus)
自然宿主:海生動物(アシカ等)
経口感染、接触感染
発熱、水疱形成(鼻鏡、口唇、口腔粘膜、趾間、蹄冠)、痂皮化 ウイルス分離 ワクチンなし  

50.豚流行性下痢
Porcine epidemic diarrhea

 

豚、いのしし

豚流行性下痢ウイルス(Coronaviridae-Coronavirus 1群) 経口感染 水様性下痢、食欲不振、元気消失 ウイルス抗原検出(免疫組織化学的染色)、[中和] 生ワクチン(母豚用)  

51.萎縮性鼻炎
Atrophic rhinitis

B

豚、いのしし

Bordetella bronchiseptica
 
接触感染、飛沫感染
Pasteurella multocida(毒素産生性)との混合感染で重症化
くしゃみ、流涙、水様性・粘性鼻汁、アイパッチ形成、鼻甲介萎縮、鼻曲がり、鼻出血 菌分離・同定(鼻腔スワブ)、[試験管凝集反応(B. bronchiseprica)] 混合ワクチン(P. multocidaトキソイド、B. bronchiseptica死菌)、単独ワクチン  

52.豚丹毒(人獣)
Swine erysipelas

 

豚、いのしし

Erysipelothrix rhusiopathiae 経口感染、接触感染 敗血症型:発熱、食欲著減、跛行、胸・腹部瀰漫性発疹、チアノーゼ、急死
蕁麻疹型:発熱、肩・背・四肢外側等に菱形疹
関節炎型:多発性関節炎、跛行
菌分離・同定、FA、PCR、[生菌凝集反応、ラテックス凝集反応] 生ワクチン、不活化ワクチン
[抗生物質:ペニシリン系]
 

53.豚赤痢
Swine dysentery

 

豚、いのしし

Brachyspira hyodysenteriae 経口感染 粘血下痢便、削痩、脱水 菌分離・同定、PCR [抗生物質:カルバドックス、チアムリン、リンコマイシン等]  

54.鳥インフルエンザ
Avian influenza

 

鶏、あひる、七面鳥、うずら

インフルエンザAウイルス
(Orthomyxoviridae-Influenzavirus A)ヘマグルチニン(HA)H5又はH7亜系以外
経口感染 元気消失、衰弱、ラッセル呼吸音、浮腫・チアノーゼ(肉冠、肉垂) ウイルス分離、HA、NA抗原型別、[中和、HI]     

55.鶏痘
Fowl pox

B

鶏、うずら

鶏痘ウイルス(Poxviridae-Avipoxvirus) 接触感染(粘膜型)
昆虫媒介(蚊等、皮膚型)
・粘膜型:口腔粘膜の丘疹・水疱、痂皮・偽膜
・皮膚型:鶏冠、肉垂、顔面無毛部に発痘
ウイルス分離、[ゲル沈] 生ワクチン  

56.マレック病
Marek's disease

B

鶏、うずら

マレック病ウイルス(MDV)
(Herpesviridae)
経気道感染 神経、内臓の腫瘍性病変
・神経病変型(慢性):翼下垂、脚弱、頭部下垂、斜頸
・内臓病変型(急性):沈鬱、削痩、衰弱、昏睡、急死
臨床症状、病理所見が主
、ウイルス分離、PCR、[ゲル沈、FA、中和]
生ワクチン  

57.伝染性気管支炎
Avian infectious bronchitis

B

伝染性気管支炎ウイルス(IBV)(Coronaviridae-Coronavirus 3群) 経気道感染 呼吸器症状:喘ぎ、くしゃみ、発咳、鼻汁
呼吸音:捻髪音(初期)、奇声(極期)
ウイルス分離、ウイルス粒子確認(電顕)、FA、[中和、ゲル沈] 生ワクチン、不活化ワクチン  

58.伝染性喉頭気管炎
Avian infectious laryngotracheitis

B

伝染性喉頭気管炎ウイルス(ILTV)(Herpesviridae-ILTV-like viruses) 経気道感染 重度の呼吸器症状、喀血(血痰)、鼻汁漏出 ウイルス分離、FA、中和、[中和、ELISA] 生ワクチン  

59.伝染性ファブリキウス嚢病
Infectious bursal disease

B

伝染性ファブリキウス嚢病(IBDV)(Birnaviridae-Avibirnavirus) 経口感染 元気消失、沈鬱、白色・緑色水様便、死亡
F嚢等のリンパ組織の壊死性病変
FA、ゲル沈、PCR、[ゲル沈、中和、FA、ELISA] 生ワクチン、不活化ワクチン  

60.鶏白血病
Avian leukosis

 

鶏白血病ウイルス
(Retroviridae-Alpharetrovirus)
垂直(介卵)感染
水平感染
食欲減退、産卵停止、緑色下痢便
脾臓、肝臓、F嚢等の腫瘍(腫瘍化したBリンパ球)
神経病変はない
抗原検出:ELISA、CF(COFALテスト)、[FA、中和、ELISA] ワクチンなし
[種鶏の清浄化]
 

61.鶏結核病
Avian tuberculosis

B

鶏、あひる、七面烏、うずら

Mycobacterium avium subsp. avium、血清型1,2,3,(8) 経気道感染 削痩、肉垂・肉冠の退色、嗜眠
肺・肝臓・脾臓の結核結節
菌分離、PCR、[ツベルクリンテスト(トリ型ツベルクリンPPD液] [淘汰]  

62.鶏マイコプラズマ病
Avian mycoplasmosis

B

鶏、七面鳥

Mycoplasma gallisepticum, M. synoviae 垂直(介卵)感染
経気道感染
育成率低下、産卵率低下、気嚢炎、関節炎 分離・同定、[急速凝集反応] 生ワクチン、不活化ワクチン  

63.ロイコチトゾーン病
Chicken leucocytozoonosis

 

Leucocytozoon caulleryi 媒介昆虫:ニワトリヌカカ 喀血、貧血、緑色便、産卵低下、発育遅延 貧血、緑色便:末梢血塗抹標本でのメロゾイト、ガメトサイト、
喀血・出血死亡:組織切片でのシゾント確認
[ゲル沈、FA]
ヌカカ対策
[アンプロリウム・エトパベイト・スルファキノキサリン合剤、サルファ剤等]
 

64.あひる肝炎
Duck hepatitis

B

あひる

あひる肝炎ウイルス1型、3型(Picornaviridae)、2型(Astroviridae) 経口感染 甚急性経過で死亡、横臥、反弓緊張 ウイルス分離、FA、[中和、ELISA]   未発生

65.あひるウイルス性腸炎
Duck virus enteritis

B

あひる

あひる腸炎ウイルス
(Herpesviridae)
接触感染 食欲・元気消失、鼻汁漏出、水様性下痢、急性経過で死亡 ウイルス分離・同定、[中和、ELISA]   未発生

66.兎ウイルス性出血病
Rabbit viral hemorrhagic disease

 

兎ウイルス性出血病ウイルス(Caliciviridae-Lagovirus) 接触感染
媒介昆虫:ハエ等
(甚)急性経過で死亡、元気食欲廃絶、呼吸困難、神経症状 抗原検出:PCR、ELISA、電顕、免疫組織化学   (初発1994)

67.兎粘液腫
Rabbit myxomatosis

B

兎粘液腫ウイルス
(Poxviridae-Leporipoxvirus)
媒介昆虫:ウサギノミ、蚊、ブヨ 高熱、眼瞼腫脹・閉鎖、粘液膿性眼分泌物、外部生殖器にゼラチン様腫瘤形成 感受性ウサギを用いたウイルス分離   未発生

68.バロア病
Varroa disease
(Varroosis)

B

蜜蜂

ミツバチヘギイタダニ
(Varroa jacobsoni)
蜂巣内で産卵増殖、幼虫・成虫に寄生 幼虫の発育障害、死亡 ダニの検出 [移動禁止] (初発1958)

69.チョーク病
Chalk disease

 

蜜蜂

Ascosphera apis
(真菌)
経口感染 幼虫の灰白色ミイラ化、後に黒褐色化 灰白色ミイラ化幼虫の確認、真菌分離・同定 EOガス燻蒸消毒
[感染巣脾:4級アンモニウム塩液の噴霧]
(初発1979)

70.アカリンダニ病
Acarapis disease
(Acariosis of bees)

B

蜜蜂

アカリンダニ
(Acarapis woodi)
成蜂の気管内に寄生・産卵   ダニの検出 殺ダニ剤 未発生?

71.ノゼマ病
Nosema disease
(Nosemosis of bees)

B

蜜蜂

Nosema apis(微胞子虫原虫) 経口感染(腸管で増殖・胞子形成)   成蜂腸管内原虫の検出 EOガス燻蒸消毒 未発生?

OIEリストA:伝播が速く、国境を越えて流行し、社会的・経済的及び公衆衛生上特に深刻な事態を招くと同時に、家畜・畜産物の国際防疫にとっても重要な疾病
OIEリストB:国内的に社会的・経済的及び公衆衛生上重要で、かつ家畜・畜産物の国際防疫にとって重要な疾病

参考資料
1.動物の感染症(2002)、近代出版
2.獣医感染症カラーアトラス(1999)、文永堂出版
3.http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/fact/kansi.html