黒を基調とした外観
    外観
    「赤城おろし」を受ける北側はガルバリウム鋼板で強く、南の実家側は杉板として
    柔らかな印象で仕上げた。同じ黒色でも素材により受ける印象はまったく異なる。
家族の集まるデッキ
    デッキ
    実家との間にできる中庭にはデッキを設けた。
    実家のご両親、裏手の祖父母もお茶飲みに利用する。
みんなの場
    畳
    畳コーナー、ダイニング、キッチン、ワークスペース・ライブラリ、ウッドデッキがつながり、
    同じ空間内で様々な活動が行われる。室内全体が広縁であり、様々な活動を受け入れる。
広縁という考え方
    広縁
    あらかじめ決められた活動しか起こりえない空間より、多様な活動が行われる空間の方が魅力的
    ではないでしょうか?日常生活の中に創意工夫があることで、日々の生活の停滞を防ぐのでは
    ないかと考えます。「nLDK」というパッケージを一度紐解いた住宅です。
ワークスペース ライブラリー
    ライブラリー
    「広縁」の一角にワークスペースとライブラリーがあります。
    家族の気配を感じつつ、読書や勉強に打ち込めます。

ページのトップへ戻る