畳のサイズ

本間間(ほんけんま
長さ6.3尺あるところから六三間ともいいます。関西の京都、大阪、紀州から中国、四国、九州に多く一般的に京間(きょうま)と呼ばれています。
(横95.5cm×縦191cm)

三六間(さぶろくま)
巾3尺、長さ6尺が語源。名古屋、岐阜地方を主とし、福島、山形、岩手や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島に分布しています。
(横91cm×縦182cm)

五八間(ごはちま)
長さ5.8尺あるもので関東、東北、北海道など東日本の大部分を占めていますが、現在ではほとんど全国的に散在しています。俗称江戸間、田舎間と呼び、京間と並び代表てきなものです。
(横88cm×縦176cm)

(注)上記のサイズは基準サイズです。