一月一日 若水祭


清和天皇の貞観年間に疫病が流行した際
当神宮に勅願が行われました。「この宮地に
湧きいづる清水の水を汲んで万民に与えよ」との
神のお告げがあり、その通りを菅原の船津卿に
命じて行わしめられたところ、たちまち疫病が
おさまりましたのでこの泉を朝日泉と
名づけ給うたと伝えられています。
この霊泉は、京の名泉の一つで、
古儀にならい毎年元旦に若水を汲み
神饌を調理し、両本宮に献供して
世界平和、国家安泰、家運繁栄、無病息災の
祈願祭が巌修されます。
元旦・二日・三日間、若水を
一般参拝者に授与しています。





二月三日 節分祭 


境内にある天の岩戸をくぐり抜けると
罪穢れが払い清められ、福を招くといわれ
「ぬけ参り」と呼ばれています。

「ぬけ参り」とは、立春を一年の始めとして、
前日の節分の日にそれまでの
厄を祓い落とすためのお参りです。


午後四時より境内で諸祈願成就祈祷の
献火神事、古札の焼納を行います。

(天の岩戸は終日 くぐることができます)










十月十六日 外宮大祭

十月十七日 内宮大祭


十七日は神嘗祭にあたります。

神嘗祭は新穀の由貴の大御饌が
大御神に献ぜられる最も重要な
由緒の深い祭儀です。
当宮においても、古くから当日を
例祭と定めて、祭典中に御神楽、
人長の舞を奉り大祭が巌修されます。




































御祭神 名勝 地図 トップページ