社会保険労務士とは

  社会保険労務士とは、企業の労務管理および社会保険に精通した専門家(国家資格者)です。
  採用から退職に至る雇用環境の整備・改善、トラブルの解決を通じて、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を実現します。
  小零細企業のニーズは社会保険関係諸手続きの代行、中堅企業以上では就業規則作成・見直し、賃金制度・人事評価制度の構築、コンプライアンスの遵守に向けた労働条件審査など、企業の発展成長に欠かせない支援を行います。
  近年は、解雇や労働条件の不利益変更等にかかる個別労使紛争や年金記録問題への取り組みにより、社会的に高い評価を得ています。


信念

『世の中の役に立つこと』

  職業を通じて実現しなければならないのは、まさにこの一言に尽きるのではないでしょうか。
  私は、会社(経営者)とそこで働く人とが円満な関係を築くための支援を通じて世の中の役に立ちたいと考えています。
  例えば、社員が労働条件について不満を持っているのであれば、会社の人事制度をわかりやすく説明して不満を払拭することが必要と思われます。
  私どもは、会社の労務管理に関して、法律の側面からだけの教科書的な一般論ではなく、現代を生きる私たちの常識や理屈、感覚を結集して問題の解決を図ります