6.作品について

概略

普遍的ないしは 最高の価値を求める

如何に、自由に応答させるかだ。

心理学的、人類学的、民俗学的、社会学的、歴史学的、哲学的、美学や絵画的等の多角的解釈作業が必要となる。

 







①多様な解釈作用が必要 


②価値による統御  



③作品の統一性 下書きの状態、なぞり書き等及び修正や削除


④世界とは 事象のの全体を一目で見通すことができる



 ⑤規則の無視と謎と狂気 意味そのものを謎と化してしまう







トップページへ