Uコン

Uコン(F2B)電動化

FMA TIMER

永いことエンジンでやってきて、燃料の自作もしましたが、時代の流れというか、保有しているエンジンを

残りの人生で、使い切れないことを悟り切り替えました。

機材は、先人が既に標準(模範的)な組み合わせを確立しているので、セッティングは容易です。

写真は、要であるタイマ-(FMA 3Gタイマ-)と専用セッティングボ-ド。

MNT殿製作のKMA special

KMA special

OSモ-タ-kv750を使用、LIPOは4セル3300mA。

ペラは、APC12*8THINエレクトリック、スピンナ-はTRUTURNの2インチ

OSモ-タ-のシャフトはネジがM6*P0.75(一般はP1.0)なのでアダプタ-が専用になる。

ある日の作業場-保管状態

MVVS49

工場の2階の壁にぶら下げ状態,既に3機をEP化しました。

VECTER('04年製作)

VECTER AERO PRODUCTのRANDY SMITH氏設計
フォーム翼を個人輸入して製作し、完成重量は1500g位でした、電動化して飛行重量1700g
電化3号機モ-タ-はSCORPION3820(kv=890)に換装しました
’17/12 フォ-ム翼が折損して墜落大破。

INTREPID XL('06年製作)

INTREPID XL AERO PRODUCTのRANDY SMITH氏設計
MNT殿からKITを購入して製作、完成重量は1600g位でした
電動化飛行重量は1700g程度。
田倉で、テスト飛行1回、11月にアンプとLIPOの配置見直し、'18/3墜落大破。

ワイヤー

伸びが少ないという理由でウクライナ製をを使用してきましたが
電化を機にパワーズの 039/041 に切り替えました、伸びがなく耐久性もよい。
放置しておくと、表面が白っぽくなる。

バルサ材購入-その他個人輸入

下記URLから個人輸入しています、十分軽いバルサをゲットできました

Specialized Balsa Wood, LLC

手測定選別されており、重いものが混ざっていることがない業者です。クレジット可能

その他、個人輸入は TOWER HOBBY、BRODAK,AERO PRODUCTなど

電動化に伴い、燃料の項は、”燃料”ペ-ジに別けました。

Copyright(C)U太郎君