ギター趣味:中学1年の時,始めました、以来、41年経ちます

いつかは、MARTIN ということで HD-28V を購入しました

D-28

ギタ-ファンの心の中に常にある、MARTIN GUITAR、消費税が上がるということがきっかけで思い切って購入することにしました

このD-28はマ-キスシリ-ズのHD-28Vで、なじみの店の店の選定品ですネックの形が少し違います、不思議なペグがついています

カタログではmedium仕様とのこと、実はライト仕様なのでmediumを張り続けると異常が発生する可能性があるとのこと。

”D-28徹底研究というHOMEPAGEの掲示板で尋ねてみたところ 力強い低音と伸びやかな高音とのバランスが、やや低音より(引用)

これは’70の日本のフォ-クソングとはミスマッチであると感じている、やっぱりD-35かなと思う

しかし、このHD-28Vも、充分D-28らしいのでしょう。

S-YAIRI YD-304

YAHOO AUCTIONで4万8千円で購入、2回修理して費用が11万円かかった、今も修理中、お金がかかって仕方がない
修理後は 某所で試奏したD45より良かった、この辺が'70 S-YAIRIの実力、NECKもTOPもしっかりしている。

床の間 使用しているギターをならべて撮影しました
楽器の重さは軽い順に、YD-303,YW-800,YD-304です、YW-800が意外に重たい
(軽い楽器の方が平均鳴りがよいと、考えている、一方構造が弱くなる) YD-303は指板に刻印がある貴重品、しかしTOPがブリッジの後で、膨らんでいて、クラックが発生しています、構造的に弱いです
YD-304は、'76年製、TOPの木目が細かくて、材質が異なっています、指板がボディー付近で削られていたりなぞが多い、S-YAIRI独特のコアーな音がする。
YW-800は新品機で購入した優等生的な楽器
PICK UPは付けない主義である(最近はライブへ行かない、よい演奏に出会えないということもある)
ギターが複数あると、交換弦で出費がかさむ、自分にとってきちんと手が懸けられるのは、3本がいいとことである。

床の間

床の間

D-28は床の間に置いてます。 K-YAIRI YW-800は購入後12年経ちました。新品のMARTINの方が上ですが、そんなに負けてません

S-YAIRI YD-303(#5265D) ヤフオク出品中

S-YAIRI YD-303 市内のリサイクル店にて発見、シリアル#から'75前半のもので、3ピースバックの古いモデルということに引っかかって、衝動的に買ってしまいました
見た感じ独特の風格があります、ブレーシングの埃が積もっています、保管状態がよくなかったようです。(購入金額¥48300)
ネックの歪み、ピッチ不良がありこのままでは、使えませんので修理に出しました

幸い、なじみの店(美人館さん)が修理を引き受けてもらえました(他店購入のものは断られることもある) 修理箇所は、①ネック反り修正(熱と圧力による)②サドル交換(ピッチ調整含む)③フレットすり合わせ④ボディー内部清掃と力木点検
⑤ナットは交換されているようでした、費用は¥33600でした

芯が強い感じの音です、弦はMARTIN MARQUIS PHOSPHERが合います。

K-YAIRI YW-800(1998年製造/実家に帰りました)

K-YAIRI YW-800 2002年に新品機を購入,貝の装飾がきらびやかなので見ていて楽しいです 2000年品の同品と弾き比べて選択しました、5年目頃までに2回メンテ出しましたが、その後半年毎にチェックしてもらってます
当初は、鳴ってませんでした、7年目を過ぎたあたりから段々よくなってきたように感じています, 新品から鳴りの変化を感じていくのはよいものです
弦は、アンジェリコMEDIUMが合いますが、この商品は美人館楽器店以外では見たことがないです
購入後、12年が経過し、よく鳴るようになってきました、こないだ試奏したD-45よりいいと感じています。

HOWARD WAX/OIL手入れ用

HOWARD WAX/OIL 美人館楽器店にて勧められた商品です、MADE IN USA 元々は高級家具(良材を用いているという点で同じ)を手入れするための商品です
S-YAIRIの古いカタログでは、週に1回WAXを塗ろうとありますが、私は毎回塗っている
ORANGE OILは表板と指板に、Feed-N-WAXはBODYのネック裏、側面、裏板に使用している
表板に塗ると、細かいキズが目立たなくなる、指板のオイルは半日もすると吸収されてしまう
購入後、半年使っています、不思議なことに、ギターの鳴りが良くなります。

ショップ紹介(当方が行っている、または行った店です)

最近、いろんな店を廻りました、各店にて、弦の種類が意外に少ない美人館さんが、豊富です

ショップ名 印象など
美人館楽器店 当方のなじみの店です
店名は,聴いた所によると前のご主人('12/5月亡くなられたとのことです)の奥さんがとても美人だったとのことに由来するそうです
尾張一宮駅前のロータリーにありますこの店はヒヤカシできません、買う気の人は試奏させてもらえます
この店は店主が選んだ良品のみをおいてます、弦の種類が豊富です。
MUSIC POCKET 一宮駅から岩倉方面へ行くバスで5分くらいのところにあります先日修理のことでお話に行きました
適切な提案をしていただきありがたかったです、どちらかというとエレキ系の商品が多いです
最近、訪問しました、ビンテ-ジマーチンが数本有りました
GUITAR SHOP COOL 岡崎市にあるギターショップ、店主はS-YAIRIの職人だった方で、いかつくない優しい感じのかたです
HOME PAGEではAM11開店とありますが、実際は正午ころに開くそうです(隣のおばさん談)
S-YAIRI製のギターに対する思い入れがつよいようで持っていくと写真をたくさん撮ってくれました。

ギター選び

この欄は主にギター購入にまつわる経験談(失敗談)です、これから買われようとされている方は参考になさって下さい

これまで都合5本を手にしました,初心者用のJAGARDと中古機のYD-303を除いた3本の内で満足して使えているのはYW-800のみです
つまり打率で言うところ3割3部3厘です。
ギター名 履歴など
姉のガットギター はじめるきっかけです、単純なメロディーから始めてアルペジオ、コードストロークなど覚えました
JAGARD 高校入学時に購入、弾きやすいものだったという記憶です吸収力がある時期だったのでレパートリーがずい分増えました
1年間使用して友人にもらわれていきました
S-YAIRI
YD-305
資金は春休みのアルバイトとお年玉,店には複数在庫が有ったが最初に見せてもらったものを購入しました
今ひとつ感を持ちながら、12年間をこの楽器とともに過ごましした、最後は購入店で買い取ってもらいました
メンテナンスに出せばよいものになったかもしれません、惜しいことをしたと最近、思い初めています
MARTIN
D-35
'90年頃購入,音の立ち上がりがよく、独特のふくよかさがありました
2年ほどで、価値が理解できぬうちに手放してしまいました
YW-800
YD-303
YD-303は保管場所の湿度の影響を受けやすい。

ギターは個体差が大きい商品です、"後悔先に立たず" よく選んで吟味して買いましょう。

近隣のライブハウス

店名 フリーライブなど
おんさ 一宮市北方町にあるライブハウス、自宅から自転車にて5分の所です
毎月、第3日曜にフリーライブ”アコギの集い”があります。

レパートリー(おとぎばなし におじゃまするようになってから増えてます)

これだけ書いていると、お前はどんな曲を演奏するのだという疑問が当然のように出てくると思うので書きます
はっきり言ってへたくそ/音痴です

吉田拓朗:ガラスのことば、春の風が吹いていたら、どうしてこんなに悲しいだろう(コピーした曲:こうき心、花嫁になる君に)など

井上陽水:夏祭り、東へ西へ(高音が苦しいです)

かぐや姫:加茂の流れに

寺山修二:戦争は知らない

赤い鳥:竹田の子守唄

長谷川きよし:別れのサンバ

インストの曲:Anji、自作曲、家路(新世界より、)など

最近、おぼえた曲

   来生たかお:夢の途中

作者敬称略で申し訳ありません

今を嘆いても、胸をいためてもほんの夢(復興)の途中

拙文を読んでいただきありがとうございます
適時、内容を更新、充実させていきますのでよろしくお願いします

Copyright(C)U太郎君