ま~るいおうち ドームハウスで楽しく学ぶ
札幌市自立型学習塾

トップページ お問い合わせ

 札幌市北区屯田9条10丁目8-15 

 TEL.011-774-8657 FAX.011-774-8657 

進む読書離れ

現在の子どもたちの傾向として、国語力の低下があげられます。

最近のテストでの様子を見てみると、文章問題の内容が読み取れず、 何をどう答えていいのかわからない子どもが増えています。 文章を読んでも、問われていることがわからない、

 

つまり頭の中にイメージとして湧いてこないのです。

 

これは国語のテストに限らず、算数・理科・社会でも同じです。

このようになった原因の一つに読書離れが考えられます。

近頃の子供たちは本を読むよりも、TVや映画を見る時間、 外でみんなと知恵を出して遊ぶよりも、家でTVゲームをしている時間の方が多いのではないでしょうか。 これではイメージ脳は発達しません。

 

 

イメージ力の大切さ 勉強だけじゃないイメージ力

有名なスポーツ選手がよく行っているトレーニングに、
イメージトレーニングがあります。

ペース配分や試合での活躍、観衆の歓声、仲間と取り交わした会話やその時の感情等、 試合やレースの様子をこと細かくイメージしてから本番に臨むというものです。

もちろん人並みならぬ練習があった上でのトレーニングですが、 このイメージトレーニングが鮮明にできるかできないかで結果も変わってきます。

 

また、超人的な記憶力を発揮する達人たちの暗記法といえば、 これもイメージ力がカギとなっています。 何の脈絡もない何百という数字を覚える時、 数字のパターンを絵に変換し物語化して覚えるそうです。 歴史の年号なども、語呂合わせでイメージ化して覚えましたよね。

 

さらに、掘り下げれば、最近取りざたされる学校現場での悲しいニュースも、 言ってみれば自分以外の人の気持ちがイメージできないことに起因するのではないでしょうか。
よく相手の立場になって考えてと言いますが、それがイメージできないのです。 「普通考えればわかるでしょ」という普通のことが考えられない。危ないことも平気でやってしまうのです。

 

 

脳の構造

では、イメージ力を作る脳は、どの部分なのでしょうか。
「脳」は、大きくわけると三層構造になっています。

さらに、右脳・左脳の内側には、大脳辺縁系がありここに記憶をつかさどる海馬があります。 この海馬は、右脳との回路はありますが、左脳との回路はありません。 ですので、右脳を使って覚える方がより効率よく覚えられるのです。

 

脳の発達過程は、6歳までは右脳優位ですが7歳から9歳にかけては徐々に顕在意識で働く左脳へと切り替わっていきます。 左脳は短期記憶なので記憶を定着させるには時間をかけ繰り返し学習をしなくてはなりません。

 

 

寺子屋の時代から行われていた音読学習

学校教育が始まる前、寺子屋や藩校で学んでいた時代には、 「論語」など「四書五経」の素読が行われていたそうです。

 

まだ意味も分からない幼少の頃から、繰り返し音読し暗唱する。 このようにして覚えたものはすぐには忘れません。 人の話を耳から聞いて覚えた浅い記憶よりも、 自分で声に出し復唱するように脳の奥へインプットした方が深く記憶に残るのです。

 

これは、音読により脳の奥深くにある間脳が揺さぶられ、間脳と回路がひらけている海馬に届くからです。

 

明治維新の立役者吉田松陰、坂本竜馬、西郷隆盛、勝海舟、 その後の近代国家や近代文化を築いた福沢諭吉、 森鴎外、 そして日本人初のノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士など、 数多くの偉人の方々は皆、幼少の頃より音読学習をして育ったといわれています。

 

 

イメージ力アップ→読解力アップ→学力アップ

 

このようなことを踏まえ楽学の森では、
右脳学習に有効なミミテック教材を活用した音読学習に力を入れていきます。

 

もちろん左脳教育をおろそかにするつもりはありません。
いくら正しい答えを持っていたとしても、論理的に伝えることができなければ円滑なコミュニケーションは図れませんし、 テストでも不利です。
右脳左脳ともバランスよく効率的に鍛え、より確実に学力の向上を図ることがベストと考えています。

音読学習・ミミテック
ミミテックメソッド 音読学習教材

 

「ミミテックサウンド」という特殊録音された朗読音声CDです。

3D(三次元)音のミミテックサウンドは、
頭の表層で聞こえる一般のCD音と異なり、頭のど真ん中の最深部に位置する間脳に共鳴し、イメージ深く聞こえます。

 

その結果、右脳回路が開き、イメージ力、長期記憶力をはじめとする各種潜在能力が働き出します。

 

また、このCD音声は、1倍速・2倍速・3倍速・4倍速のスピードで流れます。 高速で聴きながら文を目で読むことにより、速読能力をはじめ高速で働く頭脳が開発されます。

 

ミミテック音読学習器

CDを聞きながらこの音読学習器に自分の声を吹き込みます。

 

自分の発した声が頭のど真ん中の深層脳(間脳)に響き記憶されますので、 発音の重要な語学学習ではもちろん、暗記の必要な科目は全て音読学習器を使って学習しますと、 早く確実に成果が表れます。

 

子どもだけではなく、資格試験等を控えている大人の方も 幅広く使える大変効果的な学習器です。

 

※ミミテック学習教材、ミミテック音読学習器の詳しい説明は、
こちらをご覧ください。

反復学習 selfee win
selfee win

 

学習内容の定着を図るには、反復練習が必要です。

 

効果的な復習の仕方は、

 

その日のうちに2回、2週間後に1回、4週間後にまた1回

 

と、忘れそうになった時に反復練習することです。

 

このようにしつこく練習することで脳が「これは大事なことなんだ」と認識し記憶へとつながります。

 

このような反復練習する時には、selfee winがとても便利。

1冊にまとまったテキストとは違い、自分の学習したいところだけプリントアウトすることができ、 学年の枠にとらわれず、得意分野または不得意分野に絞って何度でも何枚でも学習することができます。

 

また、各単元には視覚・聴覚に訴えるマルチメディア解説がついており、より理解を深めることができます。

 

もちろんプリントアウトするのは生徒自身で。

バーコードを、「ピッ」となぞればオリジナル教材の出来上がりです。 基礎問題から応用問題まで幅広く学習することができます。

 

※selfee winの詳しい説明は、こちらをご覧ください。

幼児コース

お子さんに合わせて、ひらがな・カタカナ・漢字・作文の練習の他、0~10(100)の数の学習をします。
音読教材の他、プリントを使って学習していきます。

 

通塾時間・授業料はこちらをご覧下さい

 

小・中学生コース ミミテックメソッド音読教材での学習(国語・理科・社会・英語)

 

学習風景

 

大きな声で何度も読み込む(丹田を鍛える丹田音読)→CDを使っての高速学習→書き込みと、感覚をフルに活用しての学習です。

 

ミミテック教材の特徴は、学習を進めていくうちにイメージ脳が発達し、 頭の中に文章の内容が映像として浮かんでくるところにあります。 さらに高速学習することにより作業効率もアップ。 そして書き込み作業をすることで、より記憶を安定させます。

 

通塾時間・授業料はこちらをご覧下さい

 

小・中学生コース プリント教材での学習(算数・数学)

 

selfee winを使っての学習となります。
学校の学習進度に係わらず、何枚でも、何度でも繰り返しプリントアウトし、反復練習をしていくことで学力の定着を図ります。

 

たとえば、つまずきを感じたら前学年の内容まで戻って繰り返し練習する時に大変便利です。

 

人間の脳は、いきなり難しい問題にぶつかるとやる気をなくしてしまいます。

 

ちょっと頑張れば解けるといった問題から取り組み、 一つひとつ乗り越えていくうちにいつしか難問も解けるようになっていくものです。

 

応用問題・発展問題もあるので、どんどんチャレンジできます。 もちろん興味を持ったらさらに上の学年の問題に取り組むこともできます。 他にもお子さんのご要望や実態に合わせて、学習内容を一緒にご相談させて頂きます。

 

通塾時間・授業料はこちらをご覧下さい

 

受験対策コース

教科数を問わず受験に向けての学習コースです。
ミミテック音読教材、プリント教材での学習の他、北海道学力コンクール等の学力テストへの参加、 長期休業中の学習会、メンタル的な指導も含め、希望校合格に向けサポートしていきます。

 

通塾時間・授業料はこちらをご覧下さい

 

大人の音読コース

ミミテック音読学習教材「大人の国語」「大人の古典」を使って学習します。

「最近物忘れが…」「ほら、あの芸能人の名前なんて言ったかしら?」といった症状は年のせいではありません。
脳はいつまでも成長するものです。

ミミテック音読学習器は、年を重ねる毎に聞き取り辛くなる高音域の音を聞き取ることに長けた教材です。
音読することで、自分の声を記憶脳である間脳へダイレクトに届け、結果右脳を鍛えることになります。
併せて大きな声を出すことは、ストレス解消にもつながります。

この大人の音読コースは、グループ学習でも行えます。
音読をきっかけに友達の輪を広げ、コミュニケーションを図ることも脳活性化には有効ですね。

 

レッスン時間・授業料はこちらをご覧下さい

 

長期休業時特別学習会

学校の長期休業中は、特別学習会を予定しています。
おおよその内容は下記の通り。期日が近づきましたら詳細をお知らせします。

学習コース 学習内容 対象
弱点克服コース
(夏・冬休み)
既習学習で理解不足の部分を
集中的に学習します。
小・中学生
宿題やっつけ隊
(夏・冬休み)
始業式前日に慌てないため、
早めに取り組み終わらせます。
小・中学生
2泊3日札幌ツアー
(夏休み)
目的地は参加者で決め、
計画・実行・まとめをする
体験型ツアーです。
楽学の森に泊まり込み合宿となります。
小学生
小学校入学準備 入学前に覚えておきたい自分の名前と
「ひらがな」と「100までの数」を
習得します。
入学前幼児

 

  • 学習時間帯は、朝10時から夜10時までとなります。
  • 長期休業期間は、週1日・2日コースの生徒も、毎日通うことができますのでご利用ください。

 

ご不明な点はお気軽にお尋ねください。
ご来塾お待ちしております。